大紀元時報

フィリピン軍が反乱軍司令官を殺害、最後の人質を救出

2021年04月13日 12時30分
この撮影日不明の写真では、右前にいるアブ・サヤフのアブ・サバヤ(Abu Sabaya)スポークスマンが武装過激派の隊員たちと一緒に写っている(AP)
この撮影日不明の写真では、右前にいるアブ・サヤフのアブ・サバヤ(Abu Sabaya)スポークスマンが武装過激派の隊員たちと一緒に写っている(AP)

フィリピン軍は、長年にわたる身代金目的の誘拐で非難されていたアブ・サヤフの司令官を殺害し、2021年3月下旬にインドネシア人の人質4人のうちの最後の1人を救出したと述べた。

フィリピン海兵隊との銃撃戦でアマジャン・サヒドフアン(Amajan Sahidjuan)司令官は負傷し、その後最南端のタウイ県のカルパグ島において出血多量で死亡した。他の戦闘員2人はインドネシア人の4人の人質の最後の1人を連れて逃げていたが、軍は彼を救出したと地域軍司令官のコルレート・ビンルアン・ジュニア(Corleto Vinluan Jr.)少将は述べた。

その数日前にタウィタウィの南ウビアンの海岸沿いで警察が3人のインドネシア人男性の人質を救出し、アブサヤフの誘拐犯の1人を逮捕した。 軍によると、サヒドフアン司令官が率いるアブ・サヤフの戦闘員は、近接するスールー州での襲撃からの逃走中に彼らの乗ったスピードボートが大きな波に打ち付けられ、転覆した。

軍の高官によると、アブ・サヤフの戦闘員は少なくとも1040万円相当(500万ペソ)の身代金と引き換えに人質を解放するために、近隣のマレーシア・サバ州のタンビサン島まで海を渡ろうとしていたが、フィリピン軍はその計画を知り、秘密裏に攻撃を仕掛けた。 その高官は、公式に発言する権限を持っていないので、匿名を条件としてAP通信社の取材に応じた。

ビンルアン少将は、アブ・サヤフに誘拐された最後の人質であるインドネシア人男性の救出により、フィリピン軍は身代金目的の反乱軍を撲滅することができると述べた。「人質に被害を及ぼす心配がないため、大規模で集中的な軍事作戦が容赦なく行えるようになりました」とビンルアン少将は記者に語った。 ビンルアン少将によると、スールーと近接州の島々にはまだ約80人のアブ・サヤフの残党が残っていると述べた。同少将は、アブ・サヤフの長老の一人であるラデュラン・サヒロン(Radulan Sahiron)司令官が病気を患っており、最近のスールーでの戦闘で負傷したともコメントしている。

アプ・マイク(Apuh Mike)の偽名を使っていたサヒドフアン司令官は、1990年代初頭から身代金目的の誘拐を行っていたと見られていた。1995年に主にキリスト教徒が住むの南部の町イピルで銀行や商店を襲撃し、町の中心部に放火して50人以上を殺害した最も大規模な襲撃に参加したアブ・サヤフの戦闘員の一人であったと報告されている。

アブ・サヤフは小規模ながらも暴力的な集団で、フィリピンと米国のそれぞれで爆破や身代金目的の誘拐、斬首などを行うテロ組織としてブラックリストに登録されている。イスラム国の組織と同盟を結んでいる派閥もある。 長年にわたる軍事攻撃、降伏、戦闘の敗北により武装勢力はかなり弱体化しているが、いまだに国家安全上の脅威となっている。近年、ローマのカトリック教徒が大勢を占めるフィリピンの中でイスラム教徒が多い貧しい州であるスールーのジャングル内の宿営地から出て、マレーシア沿岸の町での誘拐や貨物船の乗組員を狙うことで地域に存在をアピールした。

(Indo-Pacific Defence Forum)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
" async> %>
^