大紀元時報
【香港大紀元襲撃事件】

笠浩史衆議院議員:香港大紀元に対する襲撃は「許されない行為」

2021年04月15日 17時45分
笠浩史衆議院議員は、香港大紀元に対する襲撃を厳しく糾弾した(笠浩史衆議院議員事務所より)
笠浩史衆議院議員は、香港大紀元に対する襲撃を厳しく糾弾した(笠浩史衆議院議員事務所より)

笠浩史衆議院議員(神奈川第9区)は14日、大紀元の取材に対し、香港の大紀元印刷工場に対する襲撃は「許されない行為」であり、「言論と自由に対する挑戦」であると述べた。

12日に発生した香港の大紀元に対する襲撃では、ハンマーを持った男らによって印刷機械が破壊され、発行に支障をきたしている。

関連報道:香港大紀元、印刷工場の襲撃事件に声明 「暴力を非難 絶対に怯まない」

こうした現状について、笠浩史議員は「大紀元は日ごろから、自由と民主主義を求める立場から、中国共産党を厳しく批判している。このことが事件の背景にあるとしたら大変由々しき事態だ」と語った。

そして、過去にも複数回襲撃があったことを知った笠浩史議員は、「度重なる嫌がらせというか、断じて許されない行為だ」と述べた。そして、「香港の言論と自由に対する挑戦である」と強調した。

4月12日、香港大紀元の印刷工場が襲撃された。監視カメラの映像からは長い柄のついたハンマーを持つ男が確認できる。(大紀元)

襲撃事件を受けて、香港警察は重大案件として捜査を始めているが、犯人はまだ捕まっていない。

この現状について、笠浩史議員は「一刻も早く犯人を捕まえてほしい」「どういう背景があるのか、そこも含めて、処罰していかなければならない」と述べた。

笠浩史議員は、かつてテレビ朝日で報道記者をしていたこともある。この経験から、言論の自由に対する攻撃はあってはならないとの見方を示した。

「私はテレビ朝日で18年前まで報道記者をしていたが、政治家の立場からも、国民の立場からも、言論の自由を守っていかなければならない。このことを政治と、国民がきちんと認識していかなければならない」。

(王文亮)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
" async> %>
^