大紀元時報

中米経済統合銀、台湾事務所開設へ 国際政府機関で初

2021年4月23日 19時55分

[台北 23日 ロイター] - 中米経済統合銀行(CABEI)と台湾政府は23日、同行の台湾事務所の開設を発表した。国際政府機関の台湾への事務所設置は初めてとなる。

台湾を自国の領土とみなす中国の圧力により、台湾は国連などほとんどの国際機関に参加できていない。

台湾は1992年からCABEIに加盟。台湾と正式な外交関係を結ぶベリーズ、ニカラグア、ホンジュラス、グアテマラも加盟している。

台湾中銀は、新事務所は外国投資の獲得に寄与し、台湾の国際的認知度を向上させるとの見方を示した。

CABEIは1960年に発足し、ホンジュラスを拠点とする。他にメキシコ、キューバ、韓国、アルゼンチン、コロンビア、スペインも加盟国だが、いずれも台湾を国家として認めていない。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^