大紀元時報

75階建ての超高層ビルが突然原因不明に揺れ、1万5千人が逃げ出す=中国・深セン

2021年5月19日 17時03分
5月18日午後、中国・深セン市にある地上75階建ての超高層ビルに突然原因不明の揺れが発生し、少なくとも1万人が逃げ出した(スクリーンショット合成)
5月18日午後、中国・深セン市にある地上75階建ての超高層ビルに突然原因不明の揺れが発生し、少なくとも1万人が逃げ出した(スクリーンショット合成)

中国・深セン市にある地上75階建ての超高層ビルが18日、突然大きく揺れ出し、町に建物から逃げた人があふれ返り、周辺は一時騒然となった。

騒ぎが起きたビルは、同市の中心部に位置する「賽格広場(SEG Plaza)」である。2000年に完成した同ビルは高さ355.8メートル、地上75階、地下4階建てで、総建築面積は17万平方メートルにも達す、深センのランドマーク的な建物だ。

ネット上に出回っている動画には、ビル内にいた多くの人が慌てて逃げ出す様子が写っている。地元メディアによると、当時、ビルに1万5千人がいたとされている。

目撃者は、「とにかく揺れに揺れて、めまいがしてきた」「ビルが揺れているとき、強風はなかった」と述べた。「揺れは10分以上続いていた」と証言する人がいる。

また、「微かだが、昼の12時過ぎからすでに揺れ始めていた。午後1時になると揺れが非常に激しくなった」と振り返る人もいた。

緊急管理当局によると当時、現地では地震は発生しておらず、強風のレベルにも達していなかったという。

地元当局は「ビルの主要構造や周辺環境に、安全面での異常は確認できなかった」とした。

地元メディアは、ビル管理スタッフの話として、当時ビル内にいた約1万5千人が全員無事に避難するのに約40分かかったと報じた。

(大紀元日本ウェブ編集部)

 

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^