大紀元時報

インド東部に大型サイクロン、コロナ対応に影響も

2021年5月27日 09時17分
インド当局によると、大型サイクロンが26日、ベンガル湾から東部地域を直撃し、多くの家屋が浸水、約5万人が家を失った。少なくとも1人が死亡した。写真はオリッサ州で撮影(2021年 ロイター/Rupak De Chowdhuri)
インド当局によると、大型サイクロンが26日、ベンガル湾から東部地域を直撃し、多くの家屋が浸水、約5万人が家を失った。少なくとも1人が死亡した。写真はオリッサ州で撮影(2021年 ロイター/Rupak De Chowdhuri)

[コルカタ(インド) 26日 ロイター] - インド当局によると、大型サイクロンが26日、ベンガル湾から東部地域を直撃し、多くの家屋が浸水、約5万人が家を失った。少なくとも1人が死亡した。

インドでは、約1週間前に大型サイクロンが西部沿岸部に上陸し、多くの人が避難を余儀なくされた。新型コロナウイルスの第2波の感染拡大が続く中、当局のコロナ対応に影響が出る恐れがある。

バングラデシュと国境を接する東部西ベンガル州では、当局によると約1100の村が浸水し、少なくとも5万人が家を失った。被害はさらに拡大する恐れがある。

隣接するオディシャ州では、約120の村がサイクロンによる豪雨で浸水した。ただ、ほとんどの地域で住民は既に避難しているという。州政府高官がロイターの取材で述べた。

オディシャ州政府は、サイクロンの影響が及んでいる地域で新型コロナのウイルス検査やワクチン接種などを中止したと説明している。

インドでは今月、大型サイクロン「タウテ」が西部地域を直撃し、家屋などが崩壊する被害が既に出ている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^