大紀元時報

ワクチン接種加速へ、21日から企業や大学で接種開始=官房長官

2021年6月1日 17時24分
6月1日、加藤勝信官房長官は閣議後会見で、新型コロナウイルスのワクチン接種を加速させるため、21日から企業や大学などでワクチン接種をできるようにすると発表した。東京の大規模接種会場で24日撮影(2021年 ロイター/Carl Court/Pool via REUTERS)
6月1日、加藤勝信官房長官は閣議後会見で、新型コロナウイルスのワクチン接種を加速させるため、21日から企業や大学などでワクチン接種をできるようにすると発表した。東京の大規模接種会場で24日撮影(2021年 ロイター/Carl Court/Pool via REUTERS)

[東京 1日 ロイター] - 加藤勝信官房長官は1日の閣議後会見で、新型コロナウイルスのワクチン接種を加速させるため、21日から企業や大学などでワクチン接種をできるようにすると発表した。

加藤官房長官は、接種するモデルナ製のワクチンについて「かなり持っている。峻別しなくても(企業や大学の)要望があれば発送していくことは十分に可能だ」と述べた。

高齢者への接種が早期に完了する見込みの自治体では、自治体の判断でさらに時期の前倒しも可能になる。加藤官房長官は、6月中旬くらいから職域での接種を始めるところが出てくるとの見方を示した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^