大紀元時報

EU外交政策、加盟国の拒否権廃止を 結束危うくする=独外相

2021年6月8日 15時47分
6月7日、ドイツのマース外相(写真)は、欧州連合(EU)の外交政策に個々の加盟国が拒否権を行使できないようにすべきとの見解を明らかにした。写真は5月ベルリンでの代表撮影(2021年/ロイター)
6月7日、ドイツのマース外相(写真)は、欧州連合(EU)の外交政策に個々の加盟国が拒否権を行使できないようにすべきとの見解を明らかにした。写真は5月ベルリンでの代表撮影(2021年/ロイター)

[ベルリン 7日 ロイター] - ドイツのマース外相は7日、欧州連合(EU)の外交政策に個々の加盟国が拒否権を行使できないようにすべきとの見解を明らかにした。

ドイツの大使による会議で「拒否権によって欧州の外交政策を妨害する人たちの人質になってはならない」と述べ、「そうしたことを許せばいずれ欧州の結束が危うくなる。たとえドイツが投票で敗れることがあっても、拒否権は廃止しなければならない」と訴えた。

マース氏の発言は大半の加盟国が支持している問題でも一部の国の反対でEUが一体となって行動ができないことへのドイツの不満を示している。

EUは4月、香港への締め付けを強める中国を非難する声明を発表しようとしたが、ハンガリーが反対したため実現しなかった。

ハンガリーのオルバン首相は7日、首相の公式ウェブサイトに、ドイツの左派が主導する欧州左派がハンガリーを攻撃するのは「香港に関する政治的に意味のない、くだらない共同宣言への署名を拒否したからだ」とする文章を掲載した。

このような宣言はEUを「情けない張子の虎」のように見せるだけだとした。

「ブリュッセルでは宣言をねつ造し誇示するのに熱心だがやめるべきだ。ここ数年のEU共通外交政策は国内への政治的配慮によるもので物笑いの種になってきた」と断じた。

EUの外交政策は官僚ではなく加盟国の首脳が決定すべきとし、最近のロシアに関するEU首脳会議が良い例と述べた。

対中政策に関しては、冷戦下の政策に戻るべきではないと主張した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^