大紀元時報

EU、米大統領訪問で通商問題の前進期待

2021年6月9日 20時54分

[ブリュッセル 9日 ロイター] - 欧州連合(EU)欧州委員会のドムブロフスキス上級副委員長(通商担当)は9日、来週のバイデン米大統領のブリュッセル訪問について、米との通商紛争を早期解決し、連携を強化して世界貿易の課題に対処することにつなげたい考えを示した。

ドムブロフスキス氏は欧州議会で「信頼と確信を構築する措置として、EU・米貿易紛争を解決しなければならない」と表明。

EUと米国は、双方の航空機メーカーへの補助金問題を巡って発動した制裁関税の実施を一時停止している。ただ米国は、トランプ前政権が発動したEU製鉄鋼・アルミへの追加関税は維持している。これに関しEUはさらなる対抗措置を控えている。

ドムブロフスキス氏は「追加の対抗措置を控えることで、公平かつバランスが取れた形で問題を解決したいという明快なシグナルを米国に送っている。今度は米国が約束を実行する番だ」と述べた。

EUは、AI(人工知能)やデータの取り扱いで互換性のある標準設定に向け評議会創設を提案しており、米国の参加を期待している。

さらに、世界貿易機関(WTO)改革推進で米と協調したい考え。

ドムブロフスキス氏は「非市場経済国に起因する試練」に双方が協力して対処することにコミットすることを期待すると述べた。

バイデン大統領は14日に北大西洋条約機構(NATO)首脳会議、翌15日にEU首脳との会議に出席する。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^