大紀元時報

WHO、欧州に節度ある行動呼び掛け 「危機脱していない」

2021年6月11日 12時25分
世界保健機関のハンス・クルーゲ欧州地域事務局長は欧州諸国に対し、ここ数週間、新型コロナウイルス新規感染は減少傾向にあるが、危機を脱したわけでないと警告した。昨年9月の代表撮影。(2021年 ロイター)
世界保健機関のハンス・クルーゲ欧州地域事務局長は欧州諸国に対し、ここ数週間、新型コロナウイルス新規感染は減少傾向にあるが、危機を脱したわけでないと警告した。昨年9月の代表撮影。(2021年 ロイター)

[コペンハーゲン 10日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)は10日、欧州諸国に対し、夏季休暇期間に節度ある行動を呼び掛けた。ここ数週間、新型コロナウイルス新規感染は減少傾向にあるが、危機を脱したわけでないと警告した。

ハンス・クルーゲ欧州地域事務局長は会見で、大規模なイベントやスポーツトーナメントが今後数週間に予定され、人が集まる機会、人流が増えると指摘し「旅行するなら、責任ある行動を求める。リスクを認識し、常識を守って欲しい」と述べた。

ここ2カ月で新規感染者・死者が減少し、欧州の多くの国が行動制限を緩和し始めている。

クルーゲ氏は、先週の新規感染者数が4月のピークの5分の1となったとした上で「域内の大半の国で改善がみられたことを認識すべきだが、危機を脱したわけでないということも認めなくてはならない」と述べた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^