大紀元時報

首都圏の感染拡大傾向、状況よくみて必要なら機動的対応=菅首相

2021年6月28日 14時37分
6月28日 菅義偉首相は東京都をはじめ首都圏で新型コロナウイルスの感染者が増加傾向にあることを受けて、必要があれば機動的な対応をとっていくとの考えを示した。写真は7月12日、英カービスベイで撮影(2021年 Brendan Smialowski/Pool via REUTERS)
6月28日 菅義偉首相は東京都をはじめ首都圏で新型コロナウイルスの感染者が増加傾向にあることを受けて、必要があれば機動的な対応をとっていくとの考えを示した。写真は7月12日、英カービスベイで撮影(2021年 Brendan Smialowski/Pool via REUTERS)

[東京 28日 ロイター] - 菅義偉首相は28日、東京都をはじめ首都圏で新型コロナウイルスの感染者が増加傾向にあることを受けて、必要があれば機動的な対応をとっていくとの考えを示した。

菅首相は最近の感染状況について「全国的には減少傾向だが、首都圏ではやや増加傾向にある。高い警戒感をもって感染対策にさらにあたっていかなければならない。感染対策とワクチン接種、(これらを)拍車をかけながらしっかり行っていきたい」と述べた。その上で「状況をよくみて、必要であれば機動的な対応をしていきたい」と語った。

東京五輪・パラリンピック開催に向けた感染対策を巡っては、さらに徹底した対策を行うよう関係者に指示したと説明し、「国民の命と暮らし、健康を守れるよう、しっかり陣頭指揮にあたっていきたい」と述べた。

羽田空港の検疫検査場などの視察後、記者団に語った。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^