大紀元時報

ビットコイン法定通貨化、エルサルバドルの約8割が懐疑的=調査

2021年7月9日 13時50分
中米エルサルバドルの議会が暗号資産(仮想通貨)のビットコインを法定通貨として採用する案を承認したことに対し、国民の4分の3以上が懐疑的な反応を示している。3月撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic)
中米エルサルバドルの議会が暗号資産(仮想通貨)のビットコインを法定通貨として採用する案を承認したことに対し、国民の4分の3以上が懐疑的な反応を示している。3月撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic)

[サンサルバドル 8日 ロイター] - 中米エルサルバドルの議会が暗号資産(仮想通貨)のビットコインを法定通貨として採用するブケレ大統領の提案を賛成多数で承認したことに対し、国民の4分の3以上が懐疑的な反応を示している。8日公表の世論調査で分かった。

ビットコインの法定通貨採用は世界初で、これまでのところ同様の動きを見せている国はない。ブケレ大統領は、海外在住の国民がエルサルバドルに送金する際にビットコインが役立つとしている。長年の法定通貨である米ドルも、並行して使用される。

フランシスコ・ガビディア大学系の調査機関ディスルプティバが公表した調査によると、ビットコインの法定通貨採用を「全く正しくない」という回答は全体の約54%、「少ししか正しくない」との回答が24%だった。採用を容認する回答は20%に満たなかった。

また、ビットコインについて「何も知らない」との回答は46%、ビットコインで支払いを受け取る意思はないとの回答は65%だった。

調査は7月1─4日、1233人を対象に実施され、誤差は2.8%。

ディスルプティバの担当者は、「デジタル化において、これは危険な賭けだ」と述べた。

^