大紀元時報

米政府、香港で事業行うリスク巡り米企業に警告へ=FT

2021年7月13日 20時18分
紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が13日報じたところによると、米国のバイデン政権は今週、米企業に対し香港で事業を行うリスクが増えていると警告する。写真はデモの申請を警察が却下し、規制線がはられたコーズウェイベイ地区。香港で1日撮影。(2021年 ロイター/Tyrone Siu )
紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が13日報じたところによると、米国のバイデン政権は今週、米企業に対し香港で事業を行うリスクが増えていると警告する。写真はデモの申請を警察が却下し、規制線がはられたコーズウェイベイ地区。香港で1日撮影。(2021年 ロイター/Tyrone Siu )

[13日 ロイター] - 英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が13日報じたところによると、米国のバイデン政権は今週、米企業に対し香港で事業を行うリスクが増えていると警告する。

中国は香港の締め付けを強化しており、外国企業が香港に保存したデータに中国政府がアクセスできるリスクや、新法により中国政府が制裁を発動するリスクがあるという。

複数の関係筋の話として報じた。

中国外務省の趙立堅報道官は定例会見で、FTの報道について、米国の内政干渉に反対すると表明。海外投資家の利益は香港基本法と関連法によって明確に守られていると述べた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^