大紀元時報

国税庁職員7人が飲酒伴う会食でコロナ感染、「誠に遺憾」=官房長官

2021年7月13日 20時20分
7月13日、加藤勝信官房長官は会見で、国税庁職員が飲酒を伴う会食に参加して7人が新型コロナウイルスに感染したことに対し、誠に遺憾であるとの見解を示した。写真は2019年9月、都内で撮影(2021年 ロイター/Issei Kato)
7月13日、加藤勝信官房長官は会見で、国税庁職員が飲酒を伴う会食に参加して7人が新型コロナウイルスに感染したことに対し、誠に遺憾であるとの見解を示した。写真は2019年9月、都内で撮影(2021年 ロイター/Issei Kato)

[東京 13日 ロイター] - 加藤勝信官房長官は13日午後の会見で、国税庁職員が飲酒を伴う会食に参加して7人が新型コロナウイルスに感染したことに対し、誠に遺憾であるとの見解を示した。

加藤官房長官は、概要を承知しているとした上で「まん延防止等重点措置の下で、国民のみなさまにお願いしている自粛措置の内容に反する形で会食に参加したことは、誠に遺憾である」と指摘。「国税庁に対し、適切に対応するよう指示した」と語った。

テレビ朝日などの報道によると、国税庁は13日に緊急の会見を行い、10日から12日までの間に課税部に所属する20代から40代の男女職員の計7人が新型コロナウイルスに感染していることが分かったと公表。7人は、それぞれ送別会などの目的で3人ないし4人で集まり、飲酒を伴う会食に参加していた。中には、午後10時ごろまで参加していたケースもあったという。

<五輪事業に関連する企業の外国人職員4人、コカイン使用で逮捕>

一方、東京五輪組織委員会と委託契約を結び、大会用仮設電源の設置管理を担当しているアグレコ・イベント・サービス・ジャパンの外国人社員4人がコカイン使用の容疑で警視庁に逮捕されていたことに対し、加藤官房長官は「法令違反の事実があったとすれば誠に遺憾」と発言。組織委から同社に対し、社員の行動管理の徹底を要請したが、政府としても「しっかりとした対応を求めていく」とした。4人は、2月から5月に来日して、業務に従事していたという。

NHKの世論調査で菅義偉内閣の支持率が過去最低の33%に低下したことに対し、加藤官房長官は「支持率調査には一喜一憂しない」としつつ、世論調査で示された「国民の思いや考え方を真摯に受け止める」と語った。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^