大紀元時報

バイデン氏、上院民主党合意の3.5兆ドルのインフラ投資計画を支持

2021年7月15日 08時58分
7月14日、バイデン米大統領は、米連邦議会に足を運び、上院民主党の指導部らが13日に合意した3兆5000億ドル規模のインフラ投資計画に支持を表明した。写真はフィラデルフィアで13日撮影(2021年 ロイター/Leah Millis)
7月14日、バイデン米大統領は、米連邦議会に足を運び、上院民主党の指導部らが13日に合意した3兆5000億ドル規模のインフラ投資計画に支持を表明した。写真はフィラデルフィアで13日撮影(2021年 ロイター/Leah Millis)

[ワシントン 14日 ロイター] - バイデン米大統領は14日、米連邦議会に足を運び、上院民主党の指導部らが13日に合意した3兆5000億ドル規模のインフラ投資計画に支持を表明した。

バイデン大統領は民主党議員との昼食会で、超党派が先に合意したインフラ計画を合わせた2本立ての包括的なインフラ計画の重要性をアピールし、両計画の議会通過に向けた戦略について協議した。

上院民主党の指導部と上院予算委員会の民主党メンバーは13日、3兆5000億ドル規模のインフラ投資計画で合意。民主党上院トップのシューマー院内総務は「超党派計画の6000億ドルにこの額を足せば、4兆1000億ドルになり、バイデン大統領がわれわれに予算要求した額に非常に近い」と強調した。超党派が先に合意したインフラ投資計画は1兆2000億ドル規模だが、新規歳出は約6000億ドルとなる。

民主党が合意したインフラ投資計画については、規模の大きさを巡り、野党共和党から即時反対の声が上がった他、民主党の穏健派議員少なくとも1人も反対を表明した。可決には上院の民主党議員50人全員の支持を取り付けることが必要となる。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^