大紀元時報

ペロシ氏側近や米政府高官がコロナ陽性、ワクチン接種完了後

2021年7月21日 11時25分
ペロシ米下院議長のハミル副補佐官は20日、ペロシ氏の側近が新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。議事堂内を消毒する人。1月撮影(2021年 ロイター/Bill Clark)
ペロシ米下院議長のハミル副補佐官は20日、ペロシ氏の側近が新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。議事堂内を消毒する人。1月撮影(2021年 ロイター/Bill Clark)

[ワシントン 20日 ロイター] - ペロシ米下院議長のハミル副補佐官は20日、ペロシ氏の側近が新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。しかし感染後、ペロシ氏との接触はなかったという。

同側近は先週、テキサス州議員5人との会合後にコロナ検査で陽性反応が出た。同側近も州議員いずれも、ワクチン接種を完了していたという。

また、ホワイトハウス高官がコロナ検査で陽性が判明し、軽い症状が出ていることも明らかになった。同高官はホワイトハウスの主要メンバーやスタッフらとは接触していない。同高官もワクチン接種を完了していたという。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^