大紀元時報

ベラルーシ五輪選手、亡命先のポーランドで夫と再会

2021年8月6日 21時55分
東京五輪の陸上女子ベラルーシ代表で、本国の帰国命令を拒否したクリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手(写真)が8月5日、亡命先のポーランドで夫のアルセニ・ジュダネビッチ氏と再会した。ワルシャワで撮影(2021年 ロイター/Darek Golik)
東京五輪の陸上女子ベラルーシ代表で、本国の帰国命令を拒否したクリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手(写真)が8月5日、亡命先のポーランドで夫のアルセニ・ジュダネビッチ氏と再会した。ワルシャワで撮影(2021年 ロイター/Darek Golik)

[ワルシャワ 5日 ロイター] - 東京五輪の陸上女子ベラルーシ代表で、本国の帰国命令を拒否したクリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手が5日、亡命先のポーランドで夫のアルセニ・ジュダネビッチ氏と再会した。

ワルシャワに拠点を置くベラルーシの反体制政治家、パーベル・ラトゥシュコ氏が5日夜、ロイターに対し、ジュダネビッチ氏がワルシャワに到着し、ツィマノウスカヤ選手と再会したと明らかにした。

ツィマノウスカヤ選手は4日にウィーン経由でワルシャワに到着。ワルシャワで行った記者会見で「ここで安全だと感じている。多くの人が支援してくれており、陸路でポーランドに向かっている夫を待っている」と述べていた。

ジュダネビッチ氏はツィマノウスカヤ選手が東京でポーランド大使館に亡命を求めたことを受けベラルーシを出国し、ウクライナ経由でポーランドに向かっていた。

^