大紀元時報

下村氏、総裁選出馬を断念 首相から政調会長辞任の要請踏まえ=報道

2021年8月30日 14時35分
8月30日、日本テレビなど国内メディアは、自民党総裁選への立候補に意欲を示していた下村博文政調会長(写真)が立候補を断念したことが分かったと報じた。写真は都内で昨年10月撮影(2021年 ロイター/Izumi Nakagawa)
8月30日、日本テレビなど国内メディアは、自民党総裁選への立候補に意欲を示していた下村博文政調会長(写真)が立候補を断念したことが分かったと報じた。写真は都内で昨年10月撮影(2021年 ロイター/Izumi Nakagawa)

[東京 30日 ロイター] - 日本テレビなど国内メディアは30日、自民党総裁選への立候補に意欲を示していた下村博文政調会長が立候補を断念したことが分かったと報じた。

日テレや日経によると、菅義偉首相は30日朝に下村氏と会談。新型コロナウイルス対策のための新たな経済対策について、総裁選に立候補するなら政調会長として任せる考えがないことを伝え、立候補か政調会長辞任かの決断を迫ったという。

下村氏は「経済対策をしっかりやりたい」として、立候補断念の考えを所属派閥の幹部に伝えたと報じられている。

^