9月27日、米政府当局者は、米国と欧州連合(EU)が今週開催する貿易・技術協議会(TTC)の初会合について、半導体不足や人工知能(AI)、ハイテク分野の競争問題などが議題になるとの見方を示した。写真はブリュッセルで2017年2月撮影(2021年 ロイター/Francois Lenoir)

米EU貿易技術協議会、半導体不足や競争問題が議題に=米当局者

[ワシントン 27日 ロイター] - 米政府当局者は27日、米国と欧州連合(EU)が今週開催する貿易・技術協議会(TTC)の初会合について、半導体不足や人工知能(AI)、ハイテク分野の競争問題などが議題になるとの見方を示した。

会合は29日に米ペンシルベニア州ピッツバーグで開催する。米国側からはブリンケン国務長官、レモンド商務長官、タイ通商代表部(USTR)代表が、EU側からはドムブロフスキス欧州委員(通商担当)、ベステアー欧州委員(競争政策担当)がそれぞれ出席する予定。

EU当局者は26日、TTCは欧州の影響力拡大につながり、21世紀の標準やルール作りで役割を果たすと強調している。

米政府当局者は「われわれは競争を促すような規制を志向しており、EUと協力できる機会があると考えている」と語った。

また、米自動車メーカーにも影響を及ぼしている深刻な半導体不足の解消がTTCの最優先課題になるとした。