フランスのマクロン大統領(写真)は、今月ローマで開催される20カ国・地域首脳会議(G20サミット)で、国際社会がアフガニスタンのイスラム主義組織タリバンを認める条件について明確なメッセージを送る必要があると主張した。資料写真、9月、代表撮影(2021年 ロイター)

G20サミット、タリバンにメッセージ送る必要=仏大統領

[パリ 5日 ロイター] - フランスのマクロン大統領は、今月ローマで開催される20カ国・地域首脳会議(G20サミット)で、国際社会がアフガニスタンのイスラム主義組織タリバンを認める条件について明確なメッセージを送る必要があると主張した。

5日放送されたラジオ局フランス・アンフォとのインタビューで述べた。

大統領は、条件には、男女平等、海外の人道支援の受け入れ、イスラムテロ組織との協力拒否が含まれるべきだと発言。

「国際社会が認めるためには代償が必要だ。アフガンの女性の威厳、男女平等などを主張すべきだ。これを条件にすべきだ」と述べた。