7月16日、法輪功学習者はワシントンD.C.で反迫害パレードを行った(大紀元)

9月、101人の法輪功学習者 中国当局により違法判決

明慧ネットによると、9月、101人の法輪功学習者が違法な判決を受けた。この判決は19省・自治区・直轄市の42都市に及ぶ。

101人うち25人は65歳以上、80~90歳は10人、70~80歳は14人、65~70歳は1人。中国当局は同月、法輪功学習者から55万44元を強奪したが、そのうち50万元は裁判所からの違法な罰金で、5万元あまりは警察によって没収されたという。

天津市の李国慶氏 家族3人はそれぞれ7年から12年の不法判決

天津市寧河区の法輪功学習者で電力会社勤務の李国慶氏は先日、本人を含む家族3人が違法判決という迫害を受けた。李氏は懲役12年、妻の于波(う・は)氏が10年、娘の李蕾(り・らい)氏が7年の判決を受けたという。

天津市寧河区在住の李氏は、電力会社で働いていた。上司からの信頼は厚く、同僚からも慕われていた。妻の于波氏と「天地迎春」というウェディング会社も経営していた。

2019年5月15日、李氏の妻と娘は外出中、天津市寧河県公安局国保支隊に不法逮捕された。警察は李氏宅に法的根拠なく立ち入り、所有していた3台の車をすべて没収した。

明慧ネットによると、先日、家族3人は実刑判決を受けた。家族の違法逮捕に不安と怒りを覚えた李氏の父親は、脳血栓を患い、病院に搬送されたという。


投獄7年 長沙の孟凱(もう・かい)弁護士 さらに3年半の違法判決を受けた

長沙の法輪功学習者である孟凱弁護士は、11カ月間違法に監禁された後、2021年9月17日に瀏陽市裁判所によって3年6カ月の不当判決を受けた。

2000年10月28日午前5時、孟氏は会社の用事で出かける途中、警察に拘留された。

2021年9月16日、孟氏の家族は、翌日の瀏陽裁判所で開かれる裁判に出席するようにとの電話を受けた。裁判中、孟氏自身は、刑法第300条を使って自らに有罪判決を下ったが自身の行動に違法性はなく判決は不当だと主張したが、裁判官はこれを取り合わなかった。

武漢の華中農業大学で法律学科を卒業した孟氏は、弁護士として働きながら大学院の試験を受けていた。時はちょうど、中国共産党が法輪功への迫害を始めた1999年7月だった。法輪功を修煉し、資料2000枚を長沙市から岳陽市に運んだことを通報され、逮捕された。

孟氏はかつて、2001年8月21日に7年の懲役を言い渡され、湖南省益阳市の赤山刑務所で、あらゆる拷問を受けた。

(翻訳編集・蘇文悦)