NTTドコモの看板 (Photo by BEHROUZ MEHRI/AFP via Getty Images)

NTTドコモ障害は「大変遺憾」 総務省、対応を要請

金子恭之総務相は15日午前の記者会見で、昨日夕方発生したNTTドコモの全国規模の通信障害について、「大変遺憾」だと述べた。ドコモによると、4G・5G通信は午前5時頃に回復したが、3G通信はいまだ利用しづらい状況が続いている。ネットワーク工事に伴うトラブルが原因とされている。

金子総務相は「国民生活の重要なインフラである携帯電話サービスについて、このように大規模な影響を及ぼす障害が発生したことは、大変遺憾であります」と述べ、原因究明と再発防止を要請した。

NTTドコモは今回の出来事について「お客さまには、大変ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」とコメントしている。

総務省は大紀元の取材に対し、NTTドコモに対して状況の確認と利用者への対応を求めたと説明。3Gの接続不具合についても、詳細を報告するよう求めたという。

また、電気通信事業法の定める「重大な事故」に該当するかどうかは、「規模や影響の時間、電気通信事故の対象の該当性について、ドコモからの詳細な報告を踏まえて判断する」と述べた。

(王文亮)