群馬県は19日、前橋市内の農場で家畜感染病の豚熱(CSF)の感染が確認されたと発表した。参考写真(Getty Images)

前橋市で豚熱の感染確認 約3900頭殺処分 県「豚はいずれもワクチン接種済み」

群馬県は19日、前橋市内の農場で家畜感染病の豚熱(CSF)の感染が確認されたと発表した。20日から、関連養豚場で飼養されている約3900頭を殺処分する。

県の農政部畜産課によると、18日20時ごろ、市内の養豚場から「飼養豚に異常がある」との通報があり、19日夜に国の専門機関が精密検査を行ったところ、豚熱の感染が確認された。

県の農政部畜産課は大紀元の取材に対し、「感染された豚はいずれもワクチン接種済みで、感染源がまだ特定されていない」と答え、「農場の消毒や野生動物による農場への侵入などの飼養衛生管理基準を徹底する」との対策を講じているという。

また、農林水産省によると、豚熱は豚やイノシシが感染する病気であり、致死率が高い家畜伝染病の一つだが、ヒトには感染しないという。

(蘇文悦)