韓国の動物園で飼育されているジャイアントパンダ、参考写真 (Photo by Chung Sung-Jun/Getty Images)
【十字路口】

「ピンクの歌」大ヒット...中国当局風刺ソング深読 ニラを切るパンダ(2/3)

※ 大紀元エポックタイムズで表明された内容や意見は、寄稿者の個人的見解です。無断転載を堅く禁じます。

マレーシアの男性歌手、Namewee黄明志)の曲「ピンクの歌(英語:fragile、中国語:玻璃心)」は、YouTubeで公開後わずか1週間で1300万回の再生を突破し、世界的な人気を博した。大紀元のコメンテーター唐浩氏は自身の番組「十字路口」で、なぜこのPOPソングが大ヒットしたのか、この曲が揶揄するものや、中国共産党を直接的‧間接的に暴露した芸術作品や文学作品が増えているのかについて解説した。

ピンクで統一

プロモーションビデオ(PV)はNamewee自身が監督した。ビデオには一場面ごとに様々な暗喩が盛り込まれている。Namewee自身も「注目すべき点が多くある。一時停止を押して確認すると、驚くでしょう」と語っている。

例えば、PV全体がピンク色で統一されているが、これは中国共産党が小粉紅(しょうふんこう)のように「壊れやすい」ことを揶揄している。映像の主役はパンダで、党そのものを具現している。パンダがニラ(一般庶民に例えられる野菜)を切る様子は、中国国民が中国共産党にニラのように摘み取られた後、調理して食べられることを表現している。

また、PVにはハミウリ(メロンの一種)、リンゴ、パイナップルの3種類のフルーツが登場している。ハミウリは新疆を指し、中国共産党による迫害が続く新疆ウイグル自治区の状況を表す。リンゴは、検閲を受けて廃刊に追い込まれた香港大手紙「アップル・デイリー」を指し、中国共産党による言論の自由、報道の自由の迫害を暗示している。パイナップルとは、台湾からのパイナップルの禁輸を指す。

PVの最後には、パンダがコウモリとニラの料理を出す。これは、中国共産党はウイルスとニラしか用意しないことを暗示している。ウイルスは生物兵器を意味し、中国共産党が「武力」しか持っていないこと、またニラは、中国共産党が10億人以上の人々を政争の具にしていることを意味している。

作曲者が中国共産党を批判する要素は、歌詞やPVにとどまらず、いくつかの巧みな手法を用いて中国共産党を揶揄し、中国共産党の本性を暴いている。

ピンクの歌について、Nameweeは「ラブソング」を模しているが、実は中国共産党の「暴言」との対話を表現する。

ごめんなさい 君を傷つけた

君の心を傷つけてしまった

私はある音を聞いた

それはガラスの心が砕けた音だ

人の温かさや優しさと、中国共産党幹部の悪質な闘争や謾罵(まんば)とが大きく対比されている。中国共産党の支配下で、多くの人々の「人間性」が「党の精神」に取って代わられ、普通の人間性や人間の感情が失われていたことも反映している。

実は、曲の中には、中国共産党や中国に関する言葉は一言もなく、Namewee自身も「これはロマンチックで甘いピンクのラブソングだ」とメディアに強調し続けている。しかし、「微博のアカウントにも注目してほしい」と言って伏線を貼った。

Nameweeは中国で俳優としてのキャリアを積んでいた。Nameweeはこの曲が中国共産党を怒らせ、微博アカウントが閉鎖されることを予見した。

実はこれ、「請君入甕(誰かの方法で相手をはめる)」という高度な皮肉テクニックだ。この曲は中国共産党に不快感を与えるが、歌詞には党のことは一言も出てこない。しかし、ネットユーザーの多くは党の暗喩を知っている。党はおのずと気まずくなる。封殺しないと真似する人々が相次ぎ、こうした皮肉をこめた曲が増える可能性がある。

もしこの曲を封殺すれば、中国共産党はNameweeが仕掛けた罠にはまったことになる。

中国共産党のイデオロギーはとても脆く、侮辱的な言葉が入っていない曲でさえ容認できないだろう。Nameweeや、Kimberleyの微博アカウントを封鎖した。Nameweeはただちに、中国共産党が「ガラスの心を持っているからだ」と言った。Kimberleyもまた、「R.I.P Weibo」とフェイスブックでコメントし、自身の微博アカウントの閉鎖を示唆した。

この曲は中国共産党をあざ笑うものであるだけでなく、マーケティングとしても成功している。中国共産党を暴くためのもう一つの技であり、中国共産党は罠にまんまとはまり、体面を見苦しくしてしまった。

(つづく)