米司法省(Samira Bouaou/The Epoch Times)

中国人スパイ、米検察官「仏航空会社へのハッキングにも関与」

米国の検察当局はこのほど、米企業から機密情報を盗んだとして起訴されている中国人スパイ徐延軍容疑者について、2014年の仏航空会社へのハッキングにも関与したと指摘した。

徐容疑者は、中国情報機関、国家安全部(省)の江蘇省国家安全庁の副処長を務めていた。米政府は、同容疑者は複数の米航空企業の機密情報窃盗に関与したとしている。2018年4月、ベルギーで逮捕され、10月に米国へ身柄を引き渡された。第三国から米国に引き渡された最初の中国人スパイだ。19日(現地時間)から、米オハイオ州シンシナティの地裁で、同容疑者に対する公判が始まった。

地元メディア「WCPO」によると、26日の公判では、検察側は徐容疑者は米航空企業だけでなく、2013年からは各国の航空企業の情報窃盗にも関与したと訴えた。

検察官が提出した追加書類は、カリフォルニア州南部地区の地裁に提出された起訴状に基づき、徐容疑者は仏航空宇宙大手、サフラングループの「従業員に対して、同社のネットワークにマルウェアを植え付けるよう指示した。(中略)徐容疑者はサフラン社へのハッキングに関与した」とした。

サフラングループの幹部であるフレデリック・ハスコエト(Frederic Hascoet)氏は検察側の証人として出廷した。ハスコエト氏は、2014年1月に中国へ出張した際、パソコンがマルウェアに感染したと証言した。中国にあるサフランの合弁会社はジェット機エンジンの部品を組み立てている。サフランのIT部門がハスコエト氏のパソコンを検査し、ハードドライブを交換する必要があるとアドバイスした。

米ボーイング社のIT部門の元社員、李尚氏も証言を行った。

李氏は、2016年に徐容疑者から届いた電子メールを提出した。電子メールによると、容疑者は、父親に会うために毎年、中国に帰省する李氏に対して、ボーイング社の企業情報を提供するよう求めた。李氏が情報を提供すれば、「中国までのすべての旅費を負担する」と徐容疑者はメールで伝えた。李氏はこれを拒んだと話した。

(翻訳編集・張哲)