2021年10月にバーチャルで開催された東南アジア諸国連合・オーストラリア首脳会議で話すスコット・モリソン豪首相(中央)(ロイター)

東南アジア諸国がオーストラリアとの戦略的協定を発表

2021年10月下旬にオーストラリアおよび東南アジア諸国連合(ASEAN)が「包括的戦略パートナーシップ」を結ぶことに合意した。

これはオーストラリアがこの地域でより大きな役割を果たすことを目指していることを示すものである。 この条約は、戦略的な戦場となった急速に成長している地域におけるオーストラリアの外交と安全保障の結びつきをさらに強めることになる。

 パートナーシップの具体的な戦略目標はすぐには発表されなかったが、オーストラリアのスコット・モリソン(Scott Morrison)首相は同国が「実質的な支援を行う」と約束した。

 オーストラリアのマリズ・ペイン(Marise Payne)外務大臣との共同声明でモリソン首相は「このマイルストーンは、インド太平洋におけるASEANの中心的な役割に対するオーストラリアのコミットメントを強調し、将来のパートナーシップを位置づけている。オーストラリアは、ASEANを中心とした平和で安定した回復力に富み、繁栄した地域を支援しています」と述べている。 

ASEANの議長国を務めるブルネイは、この合意は「新たな関係の幕開け」であり、「有意義で実質的で互恵的で」あると述べている。 

この発表の後、オーストラリアは東南アジアでの保健とエネルギーの安全保障、テロ対策、国際犯罪対策に関するプロジェクトや何百もの奨学金に約120億円相当(1億2,000万米ドル)を投資すると発表した。

 オーストラリアはすでにインドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムなどと様々なレベルの二国間戦略的パートナーシップを結んでいる。 

モリソン首相はまた、2021年9月にオーストラリアが原子力潜水艦を購入することを可能にしたオーストラリアおよび英国と米国間の三国間安全保障協定は同地域の脅威とならないことをASEANに保証した。

 AUKUSと呼ばれる新しい条約は中華人民共和国が東南アジア、特に南シナ海における影響力に挑戦する動きであると見なす懸念を東南アジアで提起している。 

国際法廷によって違法と判断されているが、中国がいまだに主張する南シナ海の大部分を含む領有権を確立するために海上艦隊を展開しているため、米国を含むインド太平洋の同盟国や提携国はパトロールを増やしている。 

モリソン首相は、「AUKUSは地域の安定と安全を支援するパートナーシップのネットワークに貢献します」と述べている。

日本の岸田文雄首相は先のASEAN首脳との会談で自由で開かれた海洋秩序へ挑戦する中国に対して強い反対を表明し、中国の軍事的影響力の増大に対する地域の懸念を強調した。 

また、中国統治下の香港と新疆ウイグル自治区の人権状況や中国と台湾の間の海域の平和と安定の重要性についても言及した。