10日、秋田県横手市の採卵鶏農場で、高病原性の「H5型」鳥インフルエンザが検出された(Photo by Jamie McDonald/Getty Images)

秋田県で鳥インフル 約14万羽を殺処分へ

10日、秋田県横手市の採卵鶏農場で、高病原性の「H5型」鳥インフルエンザが検出された。同日、同鶏農場で飼養されている約14万3000羽の殺処分を始めた。秋田県は9日、同農場から死亡羽数が増加しているとの通報を受けて、簡易検査したところ同疾患が確認された。国内で今季節初の発生となった。

これを受けて、松野官房長官は記者会見で「家禽の殺処分や移動制限、搬出制限といった秋田県が行う防疫措置が万全になるよう支援する」など岸田総理大臣の指示を述べた。

県によると、自衛隊の派遣を受け、鶏の処分や周囲にある養鶏場に対する移動や搬出制限などの防疫措置を行っているという。約3週間程度で全部の防疫措置が解除される。

県は死亡した野鳥あるいは衰弱した野鳥を発見した場合、素手で触らないよう注意し、複数の野鳥の死亡を見つけた場合、市生活環境課へ連絡するよう呼びかけている。

農水省によると、ヒトが鶏肉や鶏卵を食べることより、鶏インフルエンザに感染する可能性はないという。