半導体生産のイメージ写真(NICOLAS ASFOURI/AFP via Getty Images)

政府、半導体企業の売上高拡大 30年に約3倍へ=報道

ブルームバーグによると、政府は今後、国内の半導体企業を積極的に振興していくと表明した。政府は、2030年に日本企業による半導体売上高を2020年の4兆5000億円から13兆円まで拡大する目標を掲げた。

政府は15日、有識者を招き「半導体・デジタル産業戦略検討会議」を開いた。経済産業省は、次世代移動通信網(5G)や自動運転技術の採用拡大により、世界の半導体の市場規模は、30年に100兆円となると予想。20年と比べて2倍である。

同省は、日本企業による売上高目標13兆円のほかに、国内の外資半導体企業による数兆円単位の売上規模を目指すという。

(編集・張哲)