IOC、ロシアとベラルーシの国際大会除外を勧告 ウクライナ侵攻受けて

2022/03/01
更新: 2022/03/01
コメント

国際オリンピック委員会(IOC)は2月28日、ロシア軍のウクライナ侵攻を受けて、ロシアとベラルーシの選手、役員らを国際大会に参加させないよう競技団体や主催者に勧告した。

法律上などの理由で2国選手の除外が難しい場合は、ロシアまたはベラルーシの名称で参加させないよう強く促した。中立の立場としてのみ参加が許可されるとし、両国の国旗やシンボル、国歌を禁じるとした。

4日に開幕する北京冬季パラリンピックについては、「国際パラリンピック委員会(IPC)と大会を全面的に支援する」と強調した。

声明では決定理由について「戦争に加担していようと、そのことで選手を公平性の観点から罰することはしない。差別もなく、すべての選手に公平な競技を約束する。しかし、ロシアやベラルーシの選手は大会に参加できるいっぽう、国への攻撃でウクライナの選手の多くは出場できない。これは解決できないジレンマだ」と説明した。

IOCは、プーチン大統領を含むロシアの政府高官3人に対して過去に贈った功労賞「オリンピック・オーダー」を撤回することを決めた。

IOCは24日にも、国連総会が採択したオリンピックとパラリンピックの期間中の休戦を求める「オリンピック休戦」に違反したとしてロシア政府を非難している。

山中蓮夏