ロシア紙、兵士約1万人死亡の記述削除 「ハッカーが偽情報」

2022/03/23
更新: 2022/03/23
コメント

[ロンドン 22日 ロイター] – ロシア大衆紙コムソモリスカヤ・プラウダは、ウクライナで1万人近いロシア軍兵士が死亡したとする記述を記事掲載から6時間余り経過してから削除したことについて、偽ニュース拡散を狙ったハッカーからサイバー攻撃を受けたと主張した。

ウェブアーカイブで収集された元の記事は、ロシア国防省の話としてウクライナの特別軍事作戦で同国軍兵士9861人が死亡し、1万6153人が負傷したと伝えている。

22日時点で同記事は死傷者の記述が削除された状態で閲覧可能となっている。同紙はさらに、21日に不正アクセスがあり「偽情報が挿入され」たが、即座に削除したとの文書を掲載した。

ロシア政府は3月2日に498人の兵士が死亡し、1597人が負傷したと報告して以来、死傷者数を更新していない。

ペスコフ大統領府報道官は22日の電話会見で、死傷者数は把握していないと述べ、コムソモリスカヤ・プラウダの記事に関してはコメントを控えた。

同紙の記者は同じ会見で、ウェブサイトがハッキングされ、偽情報が数分、サイトに表示されたと述べた。

ウクライナのポドリャク大統領顧問は、ロシア軍兵士の死者数9861人とする記述について、対話アプリ「テレグラム」への投稿で「ロシアの国家的惨事を認識し始めたにすぎない。実際はその2倍近いロシア人が殺害されている」と主張した。

ロイターは死傷者数を独自に確認できていない。

Reuters
Reuters