ロシア軍、ウクライナで再配置 撤退ではない=NATO事務総長

2022/04/01
更新: 2022/04/02
コメント

[ブリュッセル 31日 ロイター] – 北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は31日、ロシアがウクライナの首都キーウ(キエフ)周辺の軍事作戦を縮小すると発表したことについて、ロシアはウクライナにいる軍部隊を撤退させているのではなく、再配置していると述べた。

また、ロシアの軍事目標はウクライナ侵攻開始から変更されていないため、イスタンブールでの和平交渉においてロシアが誠実に交渉しているとはまだ確信していないと語った。

ブリュッセルで記者団に対し「われわれの情報によれば、ロシアの部隊は撤退しているのではなく再配置している。ロシアはドンバス地方での攻撃を巡り再編成し、補給し、増強しようとしている」と指摘。「同時にロシアはキーウや他の都市への圧力を維持している。そのため、一段の攻撃が予想され、さらなる苦しみをもたらすだろう」とした。

さらに「ロシアの真の目的に変化はなく、軍事的な結果を追求し続けている」とし、NATO加盟国は必要な限りウクライナに兵器を提供し続けるとした。

Reuters
Reuters