北京大学で抗議勃発、不公平な封鎖めぐり 

2022/05/16
更新: 2022/05/19
コメント

中国の北京大学で15日夜、学生を隔離するための宿舎を取り囲む壁の建設に、不満を持った学生らによる集団抗議事件が発生した。

学生ら数千人が住む「宿舎エリア」と「教職員エリア」は壁によって隔てられた。「教職員エリア」では自由に出入りできるのに対し、学生らは外出を禁じられている。

「学生だけを閉じ込める隔離に意味があるのか」と学生らは反発した。

ネットの投稿動画によると、キャンパス内に大勢の学生が集結していた。大学の責任者2人が学生の説得に駆け付けたが、学生らは納得しない様子だった。

副校長の陳宝剣氏は、学生らに向かって「私を信用してください」と寮に戻るよう説得していたが、「信用できない」という答えが相次いだ。

学生側は「まずは壁を取り除くように」と求めたが、陳氏はそれに応じなかった。

その後、壁は一部の学生によって取り壊され、現場から歓声が上がった。

学生代表は学校側に対し、抗議に関わった学生の責任を追及しないことを約束する誓約書への署名を求めたが、署名されたかどうかは不明。

学生によると、教員は現場の写真をもとに学生同士の告発を促しており、中にはクラスメイトによって告発されるケースもあるという。

同事件はネット上で大いに注目された。まもなく関連の投稿や動画は削除された。

(翻訳編集・李凌)