ウクライナ穀物輸出、6月は前年比48%減=農業省

2022/06/23
更新: 2022/06/23
コメント

[キーウ(キエフ) 22日 ロイター] – ウクライナ農業省は22日、6月1─22日の同国の穀物輸出が前年同期比48%減の90万7000トンだったことを明らかにした。

内訳はトウモロコシが80万3000トン、小麦が7万8000トン、大麦が2万1000トン。

ウクライナはロシアによる侵攻の1カ月前、月最大600万トンの穀物を輸出していた。

5月の輸出量は約170万トンに減少した。以前は海港を通じて大半の商品を輸出していたが、現在は西側の国境経由の列車輸送か、ドナウ川の小港を通じた輸送を余儀なくされている。

Reuters
Reuters