中国義烏市、感染再拡大で一部ロックダウン 

2022/08/05
更新: 2022/08/05
コメント

中国浙江省義烏市は4日、中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染再拡大で、全市民を対象にPCR検査を実施し、一部の地域を封鎖すると発表した。

当局の公表では、2日以降に義烏市で新規感染者が増加した。5日午前9時までに、累計135人の新規感染者が確認された。うち114人は無症状感染者だという。

同市は一部の地域を封鎖し、同地域の住民に対して移動・外出を制限したほか、市民が公共施設に出入りする際に、24時間以内の有効なPCR検査証明書を提出するよう要求した。また、レストランでの飲食を禁止し、複数のレジャー施設を閉鎖した。

市は5日からの3日間、市内のすべての公共交通機関を運行停止するとした。

義烏市には世界最大級の日用雑貨卸売市場がある。

今年4月にも感染拡大で都市封鎖(ロックダウン)を実施したため、世界のサプライチェーンに影響が出た。

張哲
張哲