「安倍さん、ご覧になられていますか」逝去から49日 安倍氏元首相デジタル献花 有志が立ち上げ

2022/08/25
更新: 2022/08/25
コメント

「安倍元総理に感謝の気持ちや弔意を伝えませんか」ー。奈良県内で選挙演説中に凶弾に倒れた安倍晋三元首相の逝去から49日。誰でも献花を行えるようにと、20代から30代の有志者が「デジタル献花サービス」を25日、公開した。同日11時までに4000人近くが献花を行い、安倍氏への想いをつづっている。

このデジタルプロジェクトでは、ユリや菊、桔梗、ランの画像を選択した後メッセージを送付できる。ウェブサイトのBGMは、生前、安倍氏が自身の動画チャンネル「あべ晋三チャンネル」で披露したピアノ演奏「花は咲く」。献花の受付期間は国葬儀が行われる9月27日までとなっている。

デジタル献花プロジェクトを立ち上げた運営委員会は25日、公式ツイッターアカウントで「改めて安倍さんのご冥福をお祈り申し上げます。多くの方から心温まるメッセージをいただいています。安倍さん、ご覧になられていますか。これだけ多くの方があなたの死を嘆き、悲しんでいます。そして、心より感謝をしています。どうか安らかに」と弔意と謝意を示した。

政府は、9月27日に東京・日本武道館で安倍氏の国葬(国葬儀)を行うと発表している。参列者は6400人程度とされ、政府は経費を近く閣議決定する。世界各国の要人の出席も調整中とされ、ハリス米副大統領、オバマ米元大統領、仏マクロン大統領、独メルケル前首相らが参列すると報じられている。

日本の安全保障、外交、中国の浸透工作について執筆しています。共著書に『中国臓器移植の真実』(集広舎)。