法輪功学習者、中国警察に窓から突き落とされ死亡 非人道的な弾圧続く

2022/10/15
更新: 2022/10/13
コメント

中国の吉林省延吉市で農業機械レンタル会社を経営する尹志波さんが、所持品や法輪功の書籍の没収に抵抗したため警察官らに窓から突き落とされ、死亡した。法輪功情報サイト「明慧ネット」が9月18日付けで報じた。

中国共産党の法輪功への迫害を暴露する資料を配布したとして、通報されたことがきっかけだった。明慧ネットによると、通報をうけた2人の警察官は尹さんの自宅に押し入り暴力を振るったのち、窓から突き落とした。地面に強く叩きつけられ、即死だったという。

現場に居合わせた妻・王秀華さんは夫の悲劇的な死を目の当たりにして気を失った。幼い息子は尹さんの体にしがみつき、目を覚ますよう叫んでいたという。

事件は近隣にも目撃されていたが、警察は証言を無視し、尹さんが誤って落下して死亡との判断を下した。不服申し立てをした家族や親戚は公安部から圧力を受け、兄の尹志豊さんは「土地を没収する」などと脅迫された。

事件は2021年3月16日に発生したが、中国から情報を得るのは容易ではないため、明慧ネットが尹さんの死亡を確認できたのは今年9月に入ってからだった。

法輪功は、「真・善・忍」を重んじる中国の伝統的な修煉法。心身の健康と道徳性の向上に顕著な効果が見られるとして、1992年に伝え出されて以来、中国で人気を博した。しかし、これを脅威とみなした当時の中国主席・江沢民によって1999年7月20日から大規模な弾圧を受けている。

過去にも転落による不審死

明慧ネットによると、法輪功学習者が転落死したケースはこれが初めてではない。

2009年、山東省済南市の元フェンシング選手の史玉英さんは、自宅に警察官が押し入った際、4階のアパートの窓から転落死した。警察は史さんの転落について口を閉ざしており、犯罪の可能性も指摘されている。同氏は過去にも数回、中国共産党の法輪功への迫害に関する情報を流したとして逮捕されたことがある。

2001年には、湖南省の男性が9階から転落死した。不当に自宅のドアをこじ開けようと試みる警察官から逃れようとしている際、待ち構えていた他の警官に行く手を阻まれ、バランスを崩し地面に落下したという。頭部を損傷し、一面血だまりとなった。警察は家族に「共産党本部の指示だ。法輪功学習者はどのように死んでも責任を取らない」と言い放ったという。

(翻訳編集・山中蓮夏)