人権問題 中共は人間性を全く喪失した恥ずべき国家

中共は依然として臓器狩りを行っており、アメリカは強硬な制裁を!

2024/05/29
更新: 2024/05/29

 

中国共産党による臓器狩りの罪は止まることなく、むしろ拡大している」と、アメリカのベテラン議員クリス・スミス氏が大紀元に述べた。

アメリカ議会と行政機関の中国問題委員会(CECC)は5月10日に年次人権報告書を発表し、中国共産党による臓器狩りを終結させるよう求めた。スミス議員はCECCの委員長を務めており、大紀元に対して、アメリカ政府は、法輪功の学習者を含む宗教信者からの臓器狩りという中国共産党の犯罪行為に対し、厳しい対策を取るべきだと強調した。

CECCの報告には、国際心肺移植学会(ISHLT)が2022年10月に発表した声明が含まれている。ISHLTは、自らが主催する会議や発行する資料で、中国からの臓器や組織のデータを受け入れない方針を明らかにした。

CECCはISHLTの見解を紹介し、「ISHLTがこの方針を採った理由は、『多くの証拠により、中国共産党政府は死刑囚から臓器を系統的に採取している唯一の機関である』という事実があるからだ」と述べている。

2006年、中国共産党が関与する臓器売買は国際的に注目された。2006年7月6日、カナダ・オタワで、元アジア太平洋局長デイビッド・キルガー氏と人権弁護士デイビッド・マタス氏が、法輪功学習者からの強制臓器摘出に関する報告書を発表し、問題を公表した。

2016年6月22日、アメリカ・ワシントンD.C.で、中国共産党による生体臓器摘出の最新調査報告書「血塗られた臓器摘出/大虐殺:更新版」を公開した。報告書によると、キルガー氏、マタス氏、ジャーナリストのイーサン・ガットマン氏の3人は、過去15年間に中国で行われた約150万件の臓器移植の多くは法輪功学習者からのものである可能性が高いと指摘している。

中国共産党の臓器狩り: 法輪功学習者への迫害が続く

法輪功は「真・善・忍」に基づいた修煉法で、その学習者数は中国共産党の党員数を上回っている。1999年7月20日、中国共産党は法輪功に対する残酷な弾圧を開始し、多くの学習者が拉致され、行方不明となった。

スミス議員は、中国共産党が法輪功を根絶しようとしており、その手段として生体臓器狩りを含む迫害を行っていると述べている。

米国議会・行政当局中国委員会(CECC)の年次報告書によれば、2022年7月に「アメリカ移植学会誌」が掲載した論文を引用し、死刑囚の状況が臓器提供の自由な同意を侵害しているとする研究者の見解を紹介している。また、パレルモ議定書に基づき、権力の濫用や弱い立場を利用した臓器摘出の同意は、人身売買にあたると報告した。

スミス議員は、中国共産党が法輪功の学習者だけでなく、他の宗教の信者からも強制的に臓器を摘出していると述べている。

彼は次のようにも述べている。「私はこの残酷な強制臓器摘出について、何度も公聴会を開催してきた。これはナチスの行為と同じで、法輪功の学習者たちに対する集団的な虐殺だ。この犯罪は今も続いており、その範囲は広がっている」

彼はさらに、「現在、中国共産党は、キリスト教徒やチベット仏教徒、そして最近ではウイグル人に対しても、強制的に臓器狩りを行っている」と指摘している。

中国共産党による法輪功学習者への強制臓器狩りはまだ終わっていない。明慧ネットによると、中国国内で法輪功学習者が無実のまま採血される事例が多発している。

例えば、2024年5月10日、天津の法輪功学習者王立良さんは北辰双街派出所の警察官により無理やり連行された。法輪功関連の書籍やコンピュータ、携帯電話を不当に押収され、さらに強制的に採血された。5月19日には、遼寧省瀋陽市の別の法輪功学習者が皇姑区塔湾派出所に拉致され、強制的に採血と身体情報を収集された。

臓器移植には血液型の一致が必要だが、法輪功学習者が無理由で採血されている事態に、多くの人々が深刻な懸念を示している。

米国議会の中国問題委員会(CECC)は、アメリカ政府に中国共産党の臓器移植プログラムを独立して監視することを推奨している。

また、CECCは報告書を通じて、アメリカ議会に「強制臓器摘出防止法案」(H.R. 1154 / S. 761)の可決を強く求めている。この法案は、臓器狩りを目的とした人身売買に関与する者に対する制裁や罰則を課す内容である。

スミス議員によると、この法案は2023年3月28日に下院を通過したが、上院の外交委員会での承認はまだ得られていない。

スミス議員は、「この法案は、北京や上海などの大都市で臓器移植を求める人々の意思をくじき、強制的に臓器狩りに関与する者に対して厳しい罰則を課すものだ。移植される臓器の多くが、法輪功学習者やウイグル民族の人々から無理やり取り出されている。これは人道に反する行為である」と述べている。

 

張奕
関連特集: 人権問題