印刷版   

NY市場サマリー(11日)

(カッコ内は前営業日比、%は利回り)


ドル/円   終値   114.28/33

       始値   114.24/26

   前営業日終値   114.24/26

ユーロ/ドル 終値   1.2763/67

       始値   1.2745/47

   前営業日終値   1.2736/42

30年債(2130GMT)    90*05.50(+0*10.00)=5.150%

前営業日終盤    89*27.50(+0*00.50)=5.173%

10年債(2130GMT)    100*04.50(+0*06.00)=5.106%

 前営業日終盤   99*30.50(+0*01.00)=5.130%

 2年債(2130GMT)    99*29.75(+0*01.00)=5.162%

     前営業日終盤    99*28.75(‐0*00.25)=5.179%

ダウ工業株30種(ドル)

     終値         11134.77(+31.22)

   前営業日終値    11103.55(+12.88)

ナスダック総合

     終値         2128.86(+11.93)

   前営業日終値    2116.93(‐13.13)

S&P総合500種指数

     終値         1272.52(+5.18)

   前営業日終値    1267.34(+1.86)

COMEX金(8月限)(ドル/オンス) 643.10(+17.00)

     前営業日終値        626.10(‐ 8.70)

原油先物(8月限)(ドル/バレル)   74.16(+0.55)

     前営業日終値         73.61(‐0.48)

CRB商品指数 (ポイント)   350.28(+3.61)

     前営業日終値     346.67(‐1.38)

------------------------------------------------------------------

 <為替> ドルが下落。赤字拡大が予想されている5月の米貿易収支の発表をあす12日に控え、ポジション調整が進んだ。

------------------------------------------------------------------

 <債券> 上昇。インド・ムンバイの鉄道爆破事件を受け、10年債利回りはほぼ4週間ぶり低水準をつけた。

 この日ムンバイで、ラッシュアワーの通勤列車や鉄道駅7箇所で爆弾が爆発、160人以上が死亡した。これを受け安全資産とされる債券や金に買いが入った。

 米政府が2006会計年度(05年10月─06年9月)の財政赤字見通しを下方修正したことも支援材料となった。

------------------------------------------------------------------

 <株式> 上昇。軟調に推移していたが、半導体検査装置のKLAテンコールが上昇したことに支援され、下げから戻した。

 KLAテンコールは8.2%高。受注が予想以上に増加していると発表したことが好感された。

-----------------------------------------------------------------

 <金先物> インドで起きた同時爆弾テロを受けて急反発し、中心限月8月物は1オンス=643.10ドルと前日終値(626.10ドル)比17.00ドル高で終了した。これは中心限月終値ベースで6月5日(648.70ドル)以来、約1カ月ぶりの高値。

 日中取引レンジは631.80―643.90ドルだった。

 インド・ムンバイの同時テロを受けて、資金の逃避先としての買いが優勢となった。

-----------------------------------------------------------------

 <原油先物> イランの核開発問題を材料に4営業日ぶりに急反発し、1バレル=74ドル台に戻して引けた。米国産標準油種WTIの中心限月8月物の終値は前日比0.55ドル高の74.16ドル。


(ロイター7月11日=東京)

 (06/07/12 08:30)  





■関連文章
  • NY市場サマリー(10日)(06/07/11)
  • 東京株式市場・寄り付き=反発、米国株高を好感(06/07/07)
  • NY市場サマリー(6日)(06/07/07)
  • NY市場サマリー(5日)(06/07/06)
  • 北朝鮮のミサイル発射で円売り、リスク資産回避の動きも(06/07/05)
  • NY市場サマリー(3日)(06/07/04)
  • NY市場サマリー(29日)(06/06/30)
  • NY市場サマリー(28日)(06/06/29)
  • NY市場サマリー(27日)(06/06/28)
  • NY市場サマリー(26日)(06/06/27)
  • NY市場サマリー(23日)(06/06/24)
  • バーナンキFRB議長、グリーンスパン前議長よりも市場の変動要因に=調査(06/06/23)
  • NY市場サマリー(22日)(06/06/23)
  • NY市場サマリー(21日)(06/06/22)
  • NY市場サマリー(20日)(06/06/21)