「何もしない」が命を救う? 予想外のがん治療法(下)

一部のがんは直ちに治療を必要とし、治療が遅れると転帰が悪化しますが、その他の多くのがんはすぐに治療する必要はありません。症状の自然な経過に身を委ねることの価値が今、注目を集めています。
2024/02/06 Sheramy Tsai

「何もしない」が命を救う? 予想外のがん治療法(中)

ある状態が「がん」と分類されることで、たとえリスクが最小限で、介入しない場合の生存率が高い場合でも、患者が不必要な手術に偏る可能性があることが、研究によって示されている。
2024/02/06 Sheramy Tsai

「何もしない」が命を救う? 予想外のがん治療法(上)

がんと診断されると、恐怖を感じ、「とにかく何かしなければ」という衝動を抑えられなくなることがあります。治療より待機的観察に可能性が秘められていようと積極的な医療介入へ進むのはそのためです。
2024/02/06 Sheramy Tsai

「天然のイベルメクチン」があった! 中医学にルーツを持つ「ノーベル賞受賞」薬とは?

イベルメクチンと同じ特性を持つある薬草が、「天然の同効薬」として専門家らに注目されています。
2023/04/20 Marina Zhang

登山は、がんに対して副作用のない「治療への希望」に最適な薬である

がん治療は長期にわたることが多く、専門的な治療とは別に、ストレスを解消して自信をつけ、暗闇から抜け出すための心理的なサポートが必要です。その最良の治療法の一つが登山です。

北京の医師、中国のがん治療の闇を暴露 「過剰治療が横行」

北京大学第三病院の腫瘍内科医である張煜(チョウ・イウ)氏は先月、中国のがん(悪性腫瘍)治療業界の闇を暴露し、話題となった。
2021/05/11