大紀元時報
トップ がん
がん
(Courtesy of Rachel Pascas)
2020.09.11
「一日一日を大切に」 生後3カ月で小児がんと闘う赤ちゃんが教えてくれたこと

カナダのオタワに住む1歳のテッサ・ホジソンちゃんは、生後3カ月の時からがんと闘っています。8月5日、テッサちゃんは生まれて初めての誕生日を風船で飾り付けをし、ピン...

(Mirko Grau/Shutterstock)
2020.09.11
新研究 ミツバチの毒が乳がん細胞を殺すことが明らかに

オーストラリアの研究チームがミツバチの毒液を使用した実験を行い、有力な結果が得られた。彼らが発見した毒液には、悪性の乳がん細胞の増殖を抑える効果があったのだ。

Pixabay
2020.04.29
病気治療には運気も関わる

現代科学の理論に染まった人々にとって、病気治療と運気の関わりは理解しがたい問題である。病気治療中に発生する良し悪しの結果は、習慣的に偶然のことだと思われる場合が多...

Pixabay
2020.04.26
緑茶は抗癌能力の増強に効果的

研究によると、カフェインを含まない緑茶の濃縮成分を服用すれば、体内の抗がん作用がある解毒酵素の産生が増加されるという。

Pixabay
2020.04.23
善良も一種の薬

小さい頃の事だ。母と同年代で、周おばさんという隣人がいて、とても優しい人だった。当時、我の家は特殊な身分=「黒戸」(共産政権から批判対象に指定された階級身分)だっ...

(Powerhouse Museum/Creative Commons)
2020.04.19
≪医山夜話≫ (13)
優秀な女医が残した人生の遺憾

私の友人に、ケイシーという女医がいました。彼女が勤める病院は私の診療所の近くだったので、私たちはよく互いに患者さんを紹介していました。有能で美しいケイシーは私と同...

(L: YouTube Screenshot | ArnoldPalmerHospital, R: Illustration - Shutterstock)
2020.04.11
娘とバージンロードを歩くことを断った父親の感動的な理由とは

女の子が産まれると、いつか娘とバージンロードを歩くことは全ての父親の夢。あるクリスマスの前日、マーク・ウィリアムズのその夢は予期せぬ危険に晒されることになりました...

Illustration (Africa Studio, Photographee.eu/Shutterstock)
2020.03.28
がん予防に13の食品 科学にもとづいた話

食品とがんとの関係は、昔から切っても切れないものでした。 実際、アメリカがん協会によると、「人は食べたものでできている」とのことです。結果、抗がん性の食品は、がん...

2020.01.06
【紀元曙光】2020年1月6日

昨年がんの手術を受け、現在リハビリ中のタレントの堀ちえみさん(52)が芸能活動を再開するという。昨年2月に、ステージ4の舌がんであることを公表し、頚部リンパ節や舌...

(Photo courtesy of LoveK9Louie)
2019.11.01
脳腫瘍に侵された11歳の少年 最後の願いを叶えてくれたのは

ニューヨーク州出身のジョン・フランシス・ホーグ・リベット(11)は、2019年初頭に末期がんと診断された。彼の家族は、戦い続ける勇敢なわが子のためにジョンの大好き...

博仁病院で治療を受けた当時の裕喆くん。(遺族提供)
2019.09.06
北京の病院、無断で「患っていない感染症」に治験か 6歳児の白血病患者死亡

白血病を患っていた6歳の男の子は、北京の病院で、患っていない疾患に臨床試験を施されていたことがわかった。男の子は多臓器不全により5月、死亡した。少年の両親は訴訟の...

(L: YouTube Screenshot | ArnoldPalmerHospital, R: Illustration - Shutterstock)
2019.09.01
娘とバージンロードを歩くことを断った父親の感動的な理由とは

女の子が産まれると、いつか娘とバージンロードを歩くことは全ての父親の夢。あるクリスマスの前日、マーク・ウィリアムズのその夢は予期せぬ危険に晒されることになりました...

Illustration (Africa Studio, Photographee.eu/Shutterstock)
2019.08.26
がん予防に13の食品 科学にもとづいた話

食品とがんとの関係は、昔から切っても切れないものでした。 実際、アメリカがん協会によると、「人は食べたものでできている」とのことです。結果、抗がん性の食品は、がん...

Pixabay
2019.08.24
犬が癌を嗅ぎ取る 確実性が高く専門家も注目

アメリカの研究者は、犬の嗅覚受容体は人の1万倍正確であり、人が感知できない匂いや異常も敏感に嗅ぎ取ることができると報告しました。彼らは新しい研究の中で、犬は肺癌を...

(YouTube Screenshot | The Ingham Family)
2019.08.19
天国のおばあちゃんが残した、孫への秘密のプレゼント

闘病の末、孫に会うことなく天国へ旅立ったおばあちゃんは、まだ見ぬ孫のために名前を決めておきました。家族の愛に世界中が感動します。

(Illustration - Shutterstock)
2019.06.28
がんと闘う3歳の子どもを支えた消防隊

これは、消防隊と消防車が大好きな小さなファイターのお話です。ハワイ・マウイ島出身のトラッカー君は、1歳の時に「神経芽細胞種」と診断されました。「神経芽細胞種」は神...

(イメージ / Pixabay CC0 1.0)
2019.06.20
がんの治療費っていくらかかるの? 闘うためのがん保険【PR】

がんは三大疾病のうちのひとつで、日本人の死因男女とも1位となっています。

中国安徽省の病院で、白血病の小児患者とその家族のために募金活動を開いた。写真は2014年に撮影されたもの( STR/AFP/GettyImages)
2018.05.09
米中貿易戦 中国市民が歓迎「トランプ氏、信頼できる」

中国の貿易政策の転換に対する米国の圧力が高まる中、中国政府は先月、すべての輸入がん治療薬に対する関税を撤廃すると発表した。中国国務院は4月12日に決定を発表し、5...

試練の時にも感謝の気持ちを忘れない(Candida.Performa/Flickr)
2017.04.19
生死の場面でわかる本性
医者が励まされた末期ガン患者の笑顔

米紙エポックタイムズ(The Epoch Times)で少し前に報道された80代の老夫婦の話です。夫婦二人はガンに罹り、妻のミミさんは悪性リンパ腫で、夫のジムさん...

重慶の村で2004年11月、水質を調査するガン研究者(China Photos/Getty Images)
2017.03.26
がんと中国
中国都市部、毎日一万人に「がん宣告」 3割が将来発病リスク=調査

最近、中国国立がんセンターが発表した、国内都市住民のガンに関するレポートによると、都市住民が一生でがんを患う確率は35%で、毎日1万人ががんと診断されていることが...

スモッグを食べるという4800メートルもの超高層ビルが、3Dプリント技術を駆使して建築される。2062年の完成予想図(arconic)
2017.01.15
未来志向
【動画】スモッグを食べて空気浄化!未来型4800メートルの超高層ビルを3Dプリントで建造

2017年を迎えたばかりだけれど、未来志向の建築企業は、すでに2062年のことを語っている。建築企業Arconicは、3Dプリントで建造した建築資材で高さ3マイル...

北京で2016年2月、旧正月の休暇シーズンに雪で遊ぶ女の子(Lintao Zhang/Getty Images)
2017.01.08
「汚い雪で遊ばないで」北京当局が警告

北京では5日、今年初めてとなる降雪が観測された。しかし、気象当局は「非常に汚い」雪であり、室内で過ごすよう市民に警告した。

北京のスモッグを電子顕微鏡で2000倍に拡大すると(北京化工大学)
2017.01.05
大気汚染
北京のスモッグ 電子顕微鏡2000倍で見ると

北京の空に厚く垂れこめるスモッグの正体は何か―。このたび北京の大学が電子顕微鏡でスモッグの粒子を2000倍に拡大したところ、工業で排出されるあらゆる成分が検出され...

米政府研究機関の国家毒性プログラム(NTP)が携帯電話から出る放射能で発がんするリスクがあると示した。(Fotolia)
2016.05.30
携帯の放射能でがんリスク高まるか=米政府研究機関

 米政府研究機関がこのほど、長い間議論されてきた携帯電話が発生する放射能で、利用者ががんリスクを高める可能性を指摘する研究結果を発表した。5月28日付米紙「ウォー...

地上でも地下でも汚染が止まらない中国 (ChinaFotoPress/ChinaFotoPress via Getty Images)
2016.04.13
中国地下水汚染深刻「8割飲めない」

2016年1月、中国水利部が公表した『地下水動態月報』によると、昨年、東北の松遼平原や内陸部の江漢平原などにある約2103の井戸に対して水質観測調査を行ったところ...

食肉を検査する北京健康監督研究所の職員 (Getty Images)
2016.02.10
2015年有毒食品・薬品事件ワースト10 中国当局が発表

中国の食品安全問題は従来から関心の高いテーマであり、このほど中国公安部が2015年に起こった有害食品・薬品十大事件を発表した。中国メディアが報じた。

2014.04.17
中国とインド、ガン危機に瀕する

【大紀元日本4月17日】英医学誌ランセット・オンコロジーは発表した調査報告書で、アジア新興大国である中国とインドは現在、がんの蔓延による多大な経済的損失と人的被害...

「青空」の前で写真を撮る観光客 (Lam Yik Fei/Getty Images)
2014.02.05
世界のがん患者数、今後20年間で1.5倍に 中国、肺がん急増

「青空」の前で写真を撮る観光客 (Lam Yik Fei/Getty Images)【大紀元日本2月5日】世界保健機関(WHO)は4日、「世界がん報告」を発表し、...

10月21日、スモッグに覆われた吉林省長春市( ChinaFotoPress/Getty Images)
2013.11.06
江蘇省の8歳女児、肺がんに 若年肺がん患者が急増

【大紀元日本11月6日】中国東部の江蘇省で8歳の女児が肺がんと診断された。大気汚染の原因となる微小粒子状物質PM2・5が関係しているという。中国新聞網が4日報じた...

2013.09.14
「北京組30数人に8人ががん」 ユーザーの書き込みに当局反論

【大紀元日本9月14日】最近、中国のインターネット上にある書き込みが注目されている。「私は1977年に大学に入学し1982年に卒業した。同級生は北京で就職したのは...

^