大紀元時報
トップ リクルート
リクルート
写真は米「ロスアラモス国立研究所」。
2020.09.17
中国「千人計画」参加の米エネルギー専門家に有罪判決

米国司法省は9月15日にプレスリリースを発表し、ニューメキシコ州の重要な国立研究所の科学者であるトラブ・ルックマン(Turab Lookman)氏が中国の「千人計...

米司法省はこのほど、中国の千人計画に参加していることを申告せずNIHなど米公的資金を受けて研究を続けた米オハイオ州立大学教授を起訴した(GettyImages)
2020.07.10
「またもや中国の千人計画だ」助成金410万ドルを違法使用 研究者を起訴=米司法省

米司法省はこのほど、オハイオ州の中国出身の研究者を、国立衛生研究所(NIH)から助成金を受けながら、中国の海外ハイレベル人材招致プログラム「千人計画」に加わってい...

中国国内の研究機関で実験を行う研究者。参考写真(WANG ZHAO/AFP via Getty Images)
2020.06.26
日本は頭脳流出に歯止めかけ、技術立国の原点に立ち返れ
世界中の頭脳に触手伸ばす中国の「静かなる侵略」 「千人計画」の甘い罠

米国を必要以上に刺激しないため、中国政府が意図的に引っ込めたキャッチフレーズがある。

中国政府や企業との関係を隠して海外収入を得ていたが、虚偽の申告をしたとして、米当局はアーカンソー大学の中国系教授を逮捕起訴した。写真は、アーカンソー大学のオールド・メイン。参考写真(Wikipedia)
2020.05.14
米当局、中国系米国人の大学教授を逮捕 中国政府や企業との関係を隠す

米司法省は5月8日、アーカンソー大学の中国系アメリカ人教授である洪思忠(Simon Saw-Teong Ang)を、NASA関連研究資金の提供を申請する際、中国政...

参考写真
2020.05.13
米エモリー大学の生物学教授、中国「千人計画」に参加 虚偽申告で有罪

米ジョージア州アトランタに住む63歳の元エモリー大学教授で中国系アメリカ人生物学者の男が、虚偽の収入申告を提出した罪で有罪判決を受けた。米司法省が5月12日に発表...

北京市内で携帯電話を操作する男子。参考写真(Getty Images)
2020.03.11
米司法省、千人計画に参加の米教授を起訴 偽りの休暇取得で 

米国司法省は3月10日、中国共産党が海外高度人材を招へいする「千人計画」に秘密裏に参加していたとして、米国の大学教授を詐欺の罪で刑事起訴した。教授は罪を認めている...

このほど、米司法省はハーバード大学化学部長・チャールズ・リーバー教授を逮捕し、刑事起訴した。米国の研究をしながら、中国政府の高度人材プログラム「千人計画」に加わっていたことを隠していた(Harvard University)
2020.02.02
ノーベル賞候補化学者の失墜 中国「千人計画」で厚遇 報酬は月500万円

このほど、米司法省はハーバード大学化学部長を、中国政府との関係の通知義務を怠ったとして刑事起訴した。なぜノーベル賞候補にもなる高度な米専門家が、国の重要な知的財産...

米司法省はこのほど、中国政府代理人で中国軍中尉を起訴したと発表した。写真は中尉が務めていたボストン大学(Flickr)
2020.01.30
米司法省、中国政府代理人で中国軍中尉らを起訴 すでに出国

米国司法省は、中国軍中尉・葉燕青(音訳Ye Yanqing、29)ら3人を、中国政府の代理人であることを通告していないとして、刑事起訴した。3人はすでに米国から出...

フロリダ州議会は、中国研究機関とのかかわりを持つ州内の大学教授を追及している。写真は、トップや職員の辞任があったモフィットがんセンター(GettyImages)
2020.01.24
フロリダ州の研究者、中国「千人計画」に参加 申告せず 州議会が調査

フロリダ下院議会は、州内の研究機関とその研究活動の国際関係の調査を行った。その結果、教授職の3人が、中国の大学や研究機関と関係を持っていた。そのうち1人は、中国か...

フロリダ州選出の連邦議会リック・スコット上院議員(共和党)は、中国の「千人計画」を含む外国勢力による知的財産スパイに対して、地元の大学に対応を呼び掛けている。2019年12月撮影(GettyImages)
2020.01.17
中国の「千人計画」、フロリダ議員が大学に対応呼び掛け

米フロリダ州選出の連邦議会議員は、地元の大学の研究と知的財産を外国の敵対勢力、特に中国から守る努力を強化しようとしている。

米国人ジャーナリストはこのほど、中国情報機関が欧米各国で行っている工作員のリクルートを分析した(Photo credit should read ANTHONY WALLACE/AFP/Getty Images)
2018.11.05
「中国の工作員にされないで」米ジャーナリスト、中国のスパイスカウトの手法を分析

「ラップトップパソコン、女、教育資金をくれる中国のスパイに気を付けよう。特に、リンクトイン(LinkedIn)からの怪しいリクエストに気を付けて」

^