大紀元時報
トップ 倫理問題
倫理問題
(Christopher Furlong/Getty Images)
2019.04.18
中国臓器移植の闇
中国ドナーの情報「ブローカーから知らされない」日本患者は危険性知らず、作家が証言

中国では国家が系統的に移植のための臓器を、収容者から本人の同意なく摘出しているとの問題が長らく、くすぶっている。この問題を専門家らが、公の場で検証するため、ロンド...

(NTD)
2019.03.22
強制的な臓器摘出、法輪功から他の民族、宗教へと対象拡大=報道

中国信仰弾圧を報じる多言語メディア「寒冬(BitterWinter)」のディレクターは3月12日、中国共産党政権が組織的に、国内外の臓器移植希望者のために、要求に...

カナダ議会で、臓器取引の抑制のための法案可決に向けて動く保守党ガーネット・ジェニュイス議員(NTD)
2019.03.01
臓器取引を抑制する法案 全会一致で議決=カナダ下院委員会

カナダ下院の外交・国際発展常設委員会は2月27日、人道性が疑われる国際的な臓器取引を抑制する修正法案S-240を全会一致で議決した。

手術中の医師たち、参考写真(GettyImages)
2019.02.12
中国の400研究論文、囚人の臓器を使った疑い 取り下げ要求=豪研究団体

「新たな発見」として医学研究誌に発表された、臓器移植に関する世界の医学誌に掲載された400あまりの研究論文は、中国の収監者から摘出されたものを利用した疑いがあると...

ドキュメンタリー「臓器のために殺されるー中国の隠された臓器ビジネス」スクリーンショット (NTD)
2019.01.10
「ドナーは健康な法輪功だ」「明日でも移植手術できる」闇の中国臓器取引は続く=調査

10年来、中国の臓器強制摘出について調査を進める追査国際(WOIPFG)は2018年12月、上海や天津、北京の主要な認定移植病院に対して行った電話調査結果を発表し...

中国の臓器強制収奪について民衆法廷が12月8日から10日に英国ロンドンで開かれている。議長を務めるジェフリー・ニース卿 (Justin Palmer)
2018.12.10
どうすれば止められるのか 中国の臓器収奪 英国で民衆法廷スタート

中国では無実の人々が臓器を移植手術のために強制摘出されているとの懸念について、専門家や証言者ら30人が集い、証拠や分析をまとめる「民衆法廷」が始まった。英国ロンド...

11月11日ワシントンで米国医師会総会に向けた事前会議が開催され、中国の臓器移植ビジネス化を防ぐための決議案が提出された (Jennifer Zeng/The Epoch Times)
2018.11.26
米最大の医師会、中国の臓器移植ビジネス化を防ぐ決議案を準備

米ワシントンで11月11日に開催された米国医師会の年次総会に向けた事前会議で、臓器移植手術の「非人道的な虐殺と収益ビジネス化」を防ぐための決議案が提出された。

^