大紀元時報
トップ 健康
健康
適度なコーヒーの摂取は循環器疾患、2型糖尿病、パーキンソン病のリスク低下につながる(LightField Studios/Shutterstock)
2020.08.28
カフェインは健康に良いのか それとも?

カフェインは世界で最も広く消費されている刺激剤の1つです。そのためカフェインに対してはさまざまな意見が出されています。はたして健康に良いのか悪いのか、それともまっ...

(提供:Shutterstock)
2020.08.25
あなたはどのバナナを選ぶ? 見た目だけではわからないメリット

バナナはカリウムが豊富で栄養価が高い上、手軽に食べられる果物です。 皆さんは店頭に並んでいるバナナを見たとき、どの熟れ具合を選んで購入していますか?

(Evgeny Atamanenko/Shutterstock)
2020.08.22
目を酷使する現代人 目にいい食べ物は何?

栄養は健康維持のためには必須のものですが、目の健康にとっても栄養は重要です。 ここでは、目の健康に最適な食べ物を5つご紹介します。これらの食品や重要な栄養素を含...

効果的な運動にジムや設備は不要ー必要なのはやる気と少しの時間だけ(Microgen/Shutterstock)
2020.08.13
必要なのはやる気と少しの時間だけ 新トレーニング法 AMRAPが人気

1日平均60分の運動習慣が推奨されているものの、それだけの時間を確保できないという人も多いはず。それがわずか15分~30分でできる高強度インターバルトレーニング(...

ファーストフード食品は痩せた人を身体的にも精神的にも不健康にする原因の一つ(提供:nappy / Pexels)
2020.08.13
痩せていても安心は禁物 高脂肪、高糖質食品の過剰摂取は認知機能に悪影響

米国全国健康・栄養調査によると、成人の70%が過体重もしくは肥満と診断されている。また、オーストラリアも同様、63%もの割合を占める過体重、肥満が確認されていると...

床の上に座る子供。しかし年を重ねるにつれ、柔らかくて座りやすい場所を求める傾向にある(提供:fizkes / Shutterstock)
2020.08.11
あなたは床に直で座る派? それとも椅子派? 座り方一つでわかる、健康にもたらす利点とリスク

人間は何千年もの間、地面で生活をしていた。椅子という便利なものがあるにも関わらず、多くの文化では、床に座ることが一般的とされている地もある。 欧米では、床に座る...

(NatalyaBond/Shutterstock)
2020.07.17
アンチエイジング 若さを保つ成分 老化を加速させる成分 トップ5

日々摂取する食べ物によって、あなたの体が作られていることはみなさんも周知の事実。 特に腸、脳、目、筋肉、肌の健康は、食べ物やライフスタイルの選択によって、良くも...

Photo by Aleks Dorohovich on Unsplash
2020.05.16
心臓病を誘発する生活習慣

日本では生活習慣に起因する疾病として主にがん、脳血管疾患、心臓病があり、日本人の三大死因として挙げられます。特に、心臓病を予防するには、不適切な生活習慣を改めるこ...

Photo by Danielle MacInnes on Unsplash
2020.05.16
≪医山夜話≫ (58)
患者からもらった玉子

私の小さい時の話です。ある日、母と買い物をするために街に行きました。そこで、変な歩き方をしている王さんを見かけたので、母は持っていた買い物かごを私に持たせ、「王さ...

(My aim is true/Creative Commons)
2020.05.12
≪医山夜話≫ (51)
子どもの下痢

フェルナンド医師は患者さんたちから尊敬されているホームドクターで、私と同じ診療所に勤めています。私たちはよく漢方医学と西洋医学の異なる治療法を互いに検討しながら、...

Pixabay
2020.05.09
【医学古今】
灸療で痔を退治

痔は、一般的によく見られる病気の一つです。これに対する治療法はたくさんありますが、一番簡単で効果的なのはお灸です。

Photo by National Cancer Institute on Unsplash
2020.05.08
早期診断、癌の兆候に注意

多くの癌患者が治療のチャンスを逃すのは、発見が遅れたためである。悪性腫瘍の初期には、何らかの徴候が現れる場合が少なくない。これらの兆候に注意すれば、早期診断、早期...

Pixabay
2020.05.06
現代人ストレスの元

ストレスは生きていく上で誰でも経験するもの。しかし、ストレスはどこから来るのか?ストレスの出所、いわゆる“ストレス源”は、私たちにストレスを感じさせる出来事又は環...

Photo by CDC on Unsplash
2020.05.06
行いが正しければ、病は遠ざかっていく

清朝の張廷玉はかつてこう言った。「天下の万事、運命を逃がれることは出来ず、命には長さがあり、薬で救うことができるわけではない」。なぜ彼はこのように言ったのだろうか...

Epochtimes
2020.05.05
体に最適な食事とは?

中国では、伝統的に医食同源という考え方があり、中国の医者たちは食べ物を用いて病気を治したり、緩和させたりしてきました。

2020.05.05
肩こりのツボ療法

肩こりの原因は非常に複雑である。精神緊張、眼精疲労、筋肉疲労、胃腸障害、生理不順、冷え性、呼吸器疾患などはすべて肩こりを起す可能性がある。

Photo by Obi Onyeador on Unsplash
2020.05.05
食べても太らない20か条

つい食べ過ぎてしまうというあなた。日常ちょっと気を付けるだけで、無理なくダイエットができます。

Photo by Bruno Nascimento on Unsplash
2020.05.05
五福六極 健康と長寿について

殷商時代の古典[尚書 洪範]に長寿に関する記載として五福六極という言葉が記されている。

Photo by Brooke Lark on Unsplash
2020.05.04
健康に対する怒りの危害とその対策

喜怒衰楽は、一般の人なら誰でもある感情ですが、これらの感情の変化が一定の限界を超えると、健康にさまざまな悪影響を与えることになり、健康のために穏やかな心を保つこと...

Photo by GoodEats YQR on Unsplash
2020.05.04
醤油に含まれるアンチ・エイジング効果

和食に欠かすことができず、アジアの食卓で広範に使用されている醤油。日本人にとって馴染み深い醤油が、アンチ・エイジングに効果があるという。

Pixabay
2020.05.04
【漢方相談室】便秘症

便秘症に悩み、長期間下剤を使用している人がたくさんいますが、このような対処方法は非常によくありません。

Epochtimes
2020.05.03
顔から読める、あなたの内心世界

東方文化の中には昔から「面相術」があり、人の面相から、ある程度その人物の運命を読み取ることができる。

大紀元
2020.05.02
珍しい人体形の生薬 何首烏

人体の姿に似ている生薬として、薬用人参がよく知られているが、もう一つあまり人々に知られていない生薬に、「何首烏(カシュウ)」というのがある。

Photo by Jorge Franco on Unsplash
2020.05.02
昼寝で午後も快調!

仕事中、猛烈に眠くなる事はありませんか?特にランチをお腹いっぱい食べた後、つまらない会議なんかあったら、ますますまぶたが重くなりますよね。そこでつい居眠りをして、...

Pixabay
2020.05.01
「大脳のために歌う」 認知症に効果

イギリス・ラジオ局BBCの報道によると、イギリスでは、「大脳のために歌う」という認知症患者のグループが、歌を通じて認知症のリハビリを試みており、非常にすばらしい効...

(Getty Images)
2020.04.30
孫真人の養生法

中国唐代の名医として知られる孫真人は、本名を「孫思ばく」といい、修道者としても有名である。彼は得道して仙人(真人)になり、141歳になった後、仙界に帰ったという言...

太極拳は張三豊が修道するときに使った方法ですが、現在残されているのは、その練習の動作だけで、その法理は残されていません(Photo credit should read NICOLAS ASFOURI/AFP/Getty Images)
2020.04.30
太極拳の祖師 張三豊

太極拳は現在、健康法として、中国ではもちろん、日本でも多くの人に愛好されています。しかし太極拳は、本来、健康のために行なう運動ではなく、道家の修煉者である張三豊に...

Pixabay
2020.04.29
携帯電話の電磁波とその防止法

現代人にとって欠かすことのできない携帯電話。しかし、その携帯電話から発生する電磁波が健康に害をもたらし、その影響は未知数であるという研究結果がある。ただ、携帯電話...

Pixabay
2020.04.29
「快楽中枢」の恐ろしさ

豊かな経済は快適な生活を我々にもたらす。しかし、物質的な豊かさは、人間の欲望を満足させると同時に、常に脳内の「快楽中枢」を刺激して、さまざまな悪い習慣を身につけて...

Pixabay
2020.04.29
骨粗鬆症に良い薬膳

加齢とともに起きる身体の機能退化には、薬物(治)療法より、日ごろの養生がもっと大切かもしれない。薬膳はさまざまな養生法の中のひとつである。

^