大紀元時報
トップ 技術盗用
技術盗用
米司法省、中国エネルギー企業と幹部を企業秘密の窃盗で起訴した(GettyImages)
2020.10.31
米司法省、中国エネルギー企業と幹部を企業秘密窃盗で起訴

米国司法省は10月29日、連邦大陪審が中国山東省煙台市のエネルギー企業「傑森能源技術」とアメリカ支社、支社長を起訴すると発表した。同社は、有罪判決を受けた米国人と...

華為技術は自社ブランド、オナー(HONOR)を売却する交渉を行なっていると報じられた。写真は2019年5月、オナーの新シリーズを宣伝発表する同ブランド代表George Zhao氏(GettyImages)
2020.10.19
華為技術、格安スマートフォン「オナー」を売却か 事業整理で=報道

報道によると、中国の通信技術大手・華為技術(ファーウェイ)は最近、自社スマートフォンブランド「HONOR(オナー)」事業を売却する方向に動いており、買い手との交渉...

報道によると、日本は欧米4カ国と連携し、4つの先進技術分野で新たな輸出規制の枠組みづくりを図る(FRED DUFOUR/AFP/Getty Images)
2020.09.29
政府、米英独蘭など4カ国と技術輸出規制の枠組みづくり AIや量子コンピュータなど=報道

中国共産党が国内の民間企業を利用して外国の高度技術を取得し、軍事用に転用する問題について、政府は対応策を講じる。報道によると、日本は欧米4カ国と連携し、4つの先進...

写真は米「ロスアラモス国立研究所」。
2020.09.17
中国「千人計画」参加の米エネルギー専門家に有罪判決

米国司法省は9月15日にプレスリリースを発表し、ニューメキシコ州の重要な国立研究所の科学者であるトラブ・ルックマン(Turab Lookman)氏が中国の「千人計...

パナソニックとJDI、中国企業を米国で提訴 ディスプレイ技術の特許侵害(GettyImages)
2020.09.04
パナソニックとJDI、中国企業を米国で提訴 ディスプレイ技術の特許侵害で

液晶パネル大手のジャパンディスプレイ(JDI)とパナソニックは8月31日、中国深センの天馬微電子を相手取り、同社が液晶ディスプレイ技術に関する特許を侵害していると...

米司法省はこのほど、中国の千人計画に参加していることを申告せずNIHなど米公的資金を受けて研究を続けた米オハイオ州立大学教授を起訴した(GettyImages)
2020.07.10
「またもや中国の千人計画だ」助成金410万ドルを違法使用 研究者を起訴=米司法省

米司法省はこのほど、オハイオ州の中国出身の研究者を、国立衛生研究所(NIH)から助成金を受けながら、中国の海外ハイレベル人材招致プログラム「千人計画」に加わってい...

中国国内の研究機関で実験を行う研究者。参考写真(WANG ZHAO/AFP via Getty Images)
2020.06.26
日本は頭脳流出に歯止めかけ、技術立国の原点に立ち返れ
世界中の頭脳に触手伸ばす中国の「静かなる侵略」 「千人計画」の甘い罠

米国を必要以上に刺激しないため、中国政府が意図的に引っ込めたキャッチフレーズがある。

中国政府や企業との関係を隠して海外収入を得ていたが、虚偽の申告をしたとして、米当局はアーカンソー大学の中国系教授を逮捕起訴した。写真は、アーカンソー大学のオールド・メイン。参考写真(Wikipedia)
2020.05.14
米当局、中国系米国人の大学教授を逮捕 中国政府や企業との関係を隠す

米司法省は5月8日、アーカンソー大学の中国系アメリカ人教授である洪思忠(Simon Saw-Teong Ang)を、NASA関連研究資金の提供を申請する際、中国政...

参考写真
2020.05.13
米エモリー大学の生物学教授、中国「千人計画」に参加 虚偽申告で有罪

米ジョージア州アトランタに住む63歳の元エモリー大学教授で中国系アメリカ人生物学者の男が、虚偽の収入申告を提出した罪で有罪判決を受けた。米司法省が5月12日に発表...

北京市内で携帯電話を操作する男子。参考写真(Getty Images)
2020.03.11
米司法省、千人計画に参加の米教授を起訴 偽りの休暇取得で 

米国司法省は3月10日、中国共産党が海外高度人材を招へいする「千人計画」に秘密裏に参加していたとして、米国の大学教授を詐欺の罪で刑事起訴した。教授は罪を認めている...

1億4000万人余りの米人口データを盗んだとして、司法省はこのほど、中国軍所属のハッカー4人を起訴した(GettyImages)
2020.02.13
米司法省、中国軍ハッカーを起訴 米大手信用企業から1億4000万人分データ盗む

米司法省ウイリアム・バー(William Barr)司法長官は10日、中国軍のハッカー4人を起訴したと記者会見で発表した。長官によると、米国人口の半分の個人情報を...

米技術を盗んで作った中国大型旅客機C919 米当局「看過すれば市場を奪われる」と危機感をあらわにした。写真は米国家防諜安全保障センターのウイリアム・エバニーナ局長(GettyImages)
2020.02.12
米技術を盗んで作った中国大型旅客機C919 米当局「看過すれば市場奪われる」と危機感

米ワシントンの有力シンクタンク・戦略国際問題研究センター(CSIS)で2月6日、中国のスパイ行為と知的財産の窃盗に対する対抗策を議論する「中国イニシアチブ」に関す...

トウモロコシの種から飛行機技術まで 米当局は、中国スパイに広範な調査と摘発を行っている。写真はアイオワ州産のトウモロコシ、参考写真(Getty Images)
2020.02.12
アイオワ州トウモロコシ畑に不審者 中国アグリ企業幹部の産業スパイだった

米国司法省は2月10日、中国軍に所属する4人のハッカーが、米国の信用報告機関Equifaxのコンピューターネットワークをハッキングし、数千人のアメリカ市民の個人情...

このほど、米司法省はハーバード大学化学部長・チャールズ・リーバー教授を逮捕し、刑事起訴した。米国の研究をしながら、中国政府の高度人材プログラム「千人計画」に加わっていたことを隠していた(Harvard University)
2020.02.02
ノーベル賞候補化学者の失墜 中国「千人計画」で厚遇 報酬は月500万円

このほど、米司法省はハーバード大学化学部長を、中国政府との関係の通知義務を怠ったとして刑事起訴した。なぜノーベル賞候補にもなる高度な米専門家が、国の重要な知的財産...

米司法省はこのほど、中国政府代理人で中国軍中尉を起訴したと発表した。写真は中尉が務めていたボストン大学(Flickr)
2020.01.30
米司法省、中国政府代理人で中国軍中尉らを起訴 すでに出国

米国司法省は、中国軍中尉・葉燕青(音訳Ye Yanqing、29)ら3人を、中国政府の代理人であることを通告していないとして、刑事起訴した。3人はすでに米国から出...

フロリダ州選出の連邦議会リック・スコット上院議員(共和党)は、中国の「千人計画」を含む外国勢力による知的財産スパイに対して、地元の大学に対応を呼び掛けている。2019年12月撮影(GettyImages)
2020.01.17
中国の「千人計画」、フロリダ議員が大学に対応呼び掛け

米フロリダ州選出の連邦議会議員は、地元の大学の研究と知的財産を外国の敵対勢力、特に中国から守る努力を強化しようとしている。

米アプライド・マテリアルズはこのたび、中国大手LEDとの取引を停止したことを発表した。米商務部は、貿易の要注意リスト50を追加した(Getty Images)
2019.04.16
米、貿易取引の要注意リストに50組織追加 日本自動車部品中国子会社も

世界大手の半導体チップ材料供給大手アプライド・マテリアルズ(Applied Materials、米カルフォルニア拠点)は、中国最大のLEDチップ製造企業である三安...

機械工学博士号を修得したシェーン・トッド(Shane Todd)さんと両親との卒業式写真(トッド家から大紀元に提供)
2019.03.07
米技術研究者の「首つり自殺」ファーウェイ技術盗用絡みで 口止め殺人か

「お母さん、これから毎週電話するよ。でも、もし1週間経っても僕から何の連絡もなければ、(在シンガポール)米国大使館に連絡してほしい。何かが起きたということだから」...

William B. Plowman/Getty Images)
2019.01.02
米MIT、早期出願合格者に中国人留学生なし 

米名門大・マサチューセッツ工科大学(MIT)がこのほど行った早期出願者の合格発表に中国出身の学生がいないことが分かった。中国当局が実施する海外のハイレベル人材を招...

パプアニューギニアの首都ポートモレスビーで開催されたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議は18日閉幕した(SAEED KHAN/AFP/Getty Images)
2018.11.20
評論
APECで激しく衝突する米中 中国の策略を分析

世界各国に注目されている米中貿易戦は近く終わる可能性があるのか?18日に閉幕されたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議では、その答えを見つけることができる...

米中貿易戦争の標的となった「中国製造2025」がいま、鳴りを潜めている(NICOLAS ASFOURI/AFP/Getty Images)
2018.11.05
次は「国家標準2035」か 消えぬ中国の技術強国の野心

米中貿易戦争の標的となった「中国製造2025」がいま、鳴りを潜めている。しかし、中国共産党政権の「世界の製造強国入り」の目標が消えたわけではない。中国国務院は今年...

^