中国北部=急激な気温の低下、新疆地区は零下40度に

 【大紀元日本12月24日】新疆ウイグル自治区北部・東部および内モンゴル自治区などの地域では、22日から23日にかけて、今冬以来もっとも強い寒波に見舞われた。一部地区では大雪となり、局部では最低気温が
2009/12/24

米大統領訪中、ウイグル人200人あまりが拘束=中国

 【大紀元日本11月23日】海外ウイグル人団体によると、新疆ウイグル地区では、オバマ米大統領訪中の1カ月前から、中国当局はウイグル人の行動を制限し、北京への出入りを禁止した。また、11月に入ってからは
2009/11/23

<政権樹立60周年> 北京大閲兵、強制参加の大学生らが抗議

 【大紀元日本9月19日】政権樹立60周年を記念して10月1日に執り行われる大規模な「閲兵式(軍事パレード)」に参加するため、北京の大学生らは夏休みを返上して練習に参加している。数か月におよぶ炎天下の
2009/09/19

天津市政府前で千人デモ抗議、武装警察と対峙

 【大紀元日本3月21日】中国天津市政府前で3月18日午前10時ごろ、元新疆建設兵団(*)10師団の退役兵士約千人が請願デモを行った。警察車両がデモ現場に待機しており、大量の武装警察がデモ参加者たちと
2009/03/21

新疆警察隊襲撃事件、実際は警察の内部抗争か

今年8月4日にカシュガル市で、早朝訓練中の警察隊にダンプカーが突っ込み、死者16人、負傷者16人を数える大惨事は、当初テロによる襲撃事件であると報道されたが、警察内部の抗争である可能性が出てきた。 中
2008/10/02

神業か、アルタイ市で発見された巨大な石うさぎ=新疆ウィグル自治区

 【大紀元日本7月21日】新疆ウィグル自治区北部のアルタイ市から東北へ40kmほどの所で、うさぎにそっくりな巨石が発見された。この生き生きとした石うさぎの姿は、大自然が人間にもたらした精妙な大傑作で、
2008/07/21

死刑囚の臓器摘出、遺族が陳情・訴訟中=新疆ウイグル

 【大紀元日本6月29日】新疆ウィグル自治区で、死刑囚の臓器が執行前に生きたまま摘出されたと訴え、その売買代金の支払いなどをめぐり、遺族が訴訟を起こした。しかし、繰り返しの陳情にもかかわらず、本件はい
2008/06/29

中国新疆少数民族政策失策、3月にも千人抗議

 【大紀元日本4月5日】北京五輪を前にして、中国の各省・市での抗議衝突が相次いでいる。北京当局は4月2日に、新疆南部およびチベットの境界に接する和田市は、チベットの抗議事件発生した3月に、同様な抗議活
2008/04/05

中国新疆トルファン市で鳥インフルエンザ発生

 【大紀元日本1月6日】新疆ウイグル自治区トルファン市で鳥インフルエンザが発生。死んだのは、鶏4840羽だけであったが、当局は3万羽近くを処分したという。 報道によると、2007年12月29日、新疆ウ
2008/01/06

中国新疆:綿花の販売権問題、兵団員数千人が警察と衝突

 【大紀元日本10月6日】香港の中国人権民主運動情報センターによると、中国西部の新疆ウイグル自治区で先月、開墾と辺境防衛にあたる「新疆生産建設兵団」の農七師(農業第七師団)127団(大隊)と123団職
2007/10/06

岩に残された巨大な「足あと」?=中国新疆

 【大紀元日本9月7日】最近、新疆ウイグル自治区の「怪石溝」景観エリアで、足型らしき跡の付いた岩が数多く発見され、観光客の注目を集めている。この景観エリアは、新疆ウィグル自治区博楽(ボルタラ)市の東3
2007/09/07

在中外国人記者クラブ:報道自由、承諾内容には程遠い

 【大紀元日本8月5日】中国の外国記者クラブによると、同クラブが外国人記者163人を対象に行った報道に関する調査で、95%が中国の報道環境は国際基準に達しておらず、北京当局は昨年末に国際社会に対し、報
2007/08/05

世界最大規模のテロ組織「拠点」とは

 【大紀元日本7月23日】米政府はこのほど、情報機関の秘密報告書の一部内容を公開し、テロ組織アルカイダがイラクで武装勢力を増強し、核兵器や生物兵器などの大量破壊兵器の入手を試みており、米本土に対して再
2007/07/23

中国新疆:主要河川の水が消える、農地耕作を放棄

 【大紀元日本7月18日】中国北西部の新疆ウィグル自治区のアルタイ(阿爾泰)地区で、持続的な高温により干ばつが発生、ウルングル湖(烏倫古湖)では100日間以上水がなくなり。イルティシュ川も1週間以上に
2007/07/18

中国新疆ウイグル:干ばつによる河川の渇水すでに50点xun_ネ上

 【大紀元日本6月24日】(記事訂正…カワウソ→ビーバー)中国西端の新疆ウイグル自治区アルタイ地区烏倫古河(ウルングホ)が渇水状態になってからすでに50点xun_ネ上が経過し、同河下流の福海県における
2007/06/24

写真報道:早くも砂嵐に見舞われた中国各地

 【大紀元日本4月5日】中国は今年3月までに、すでに9回の砂嵐に見舞われた。環境問題はすでに中国経済に多大な影響を与えており、中国当局による環境問題への取り組み強化が求められている。 中国気象庁災害予
2007/04/05

中国:深刻化する干ばつ、危機的な飲料水不足=各地に拡大

 【大紀元日本3月31日】中国大陸の干ばつ状況はますます深刻化し、乾燥地域の範囲はさらに広がり、新疆・寧夏・海南などの地区へと旱魃による被害が発生し、飲料水はこれまでにない危機に直面している。中国新聞
2007/03/31

B型肝炎保菌者1・2億人、社会差別が深刻化=中国

 【大紀元日本2月22日】中国の1億に上るB型肝炎保菌者の多くは、仕事および日常生活において社会から深刻な差別を受けている。専門家らは、B型肝炎は一時的接触によって感染するものではないにも拘らず、保菌
2007/02/22

米国亡命のウイグル族民主活動家、「国内外のウィグル族組織は、テロ分子ではない」

 【大紀元日本1月15日】中国政府によると、新疆公安当局は今月5日、いわゆる「東トルキスタン・イスラム運動」の訓練基地を襲撃し、18人を射殺、17人を逮捕した。それによると、「テロ組織」の「東トルキス
2007/01/15

中共政権、「東トルキスタン」独立派18人射殺  

 【大紀元日本1月11日】新疆ウイグル自治区公安部は8日、「東トルキスタンイスラム運動」の訓練基地を襲撃し、18人を射殺、17人を逮捕したと公表。世界ウイグル族代表大会は、事件とは無関係を表明、いかな
2007/01/11

中国新疆、鳥インフルエンザ再発、鶏35万羽処分

 【大紀元日本7月23日】中国農業部は21日、新疆ウイグル自治区H5N1型鳥インフルエンザが発生したと発表、鳥インフルエンザの拡大を防ぐため鶏35万羽を処分したという。同自治区では昨年11月も、H5N
2006/07/23

独の情報機関、中共スパイへの監視を強化

 【大紀元日本4月5日】中共政権による盛んな諜報活動を反撃するため、ドイツの情報機関は国内での中共スパイへの監視体制を強化する方針を打ち出した。中央社が伝えた。 3日に発売のドイツ週刊誌「フォークス」
2006/04/05

新疆:重犯罪者の送り込み中止を訴え

 【大紀元日本12月31日】東トルキスタン情報センターは30日、重犯罪者の服役先である新疆に大量の重犯罪者が送り込まれたため、地元の漢民族およびウイグル族の生活が脅かされており、社会不安定の要因になる
2005/12/31

新疆、湖南省:鳥インフルエンザ感染を確認

 【大紀元日本11月29日】中国農業部は28日、新疆ウィグル自治区鄯善県および湖南省永州市零陵区でH5N1型鳥インフルエンザ感染を確認したと発表した。中央社が伝えた。 中国国内での感染発
2005/11/29

新疆:鳥インフルエンザ感染の疑いで、家禽20万匹を処分

 【大紀元日本11月15日】中国北西部の新疆ウイグル自治区ウルムチの郊外に11日、鳥インフルエンザ感染の疑いによる鶏の大量死が発生したという。香港メディアによると、13日午後、感染地のウルムチ県とカシ
2005/11/15

十月一日、中共政権56周年、崩壊寸前か

 【大紀元日本10月9日】10月1日、いわゆる国慶節、官製の新華社が、記念の特集を組み中共政権成立56周年を盛大に祝いながら、同政権が国内外から支持されるようなイメージを作り出すべく躍起になっている。
2005/10/09

東トルキスタン、中共に宣戦布告

 【大紀元日本10月1日】東トルキスタン解放組織(以下、ETLO)はこのほど、民族抑圧を行なってきた中国に対して、今後武力闘争の手段も辞さないと宣言した。中国北西部の新疆自治区の先住民であるウイグル人
2005/10/01

新疆生産建設兵団対策、中共の抱える難題

 【大紀元日本8月31日】六月中旬から七月中旬にかけて、新疆ウィグル自治区の生産建設兵団は立て続けに大規模な抗争を引き起こし、ピーク時には20万人が関与した。中共中央は、国務院と中央軍事委員会が率いる
2005/08/31

新疆:辺境地域の情勢不安で警戒強化

 【大紀元日本8月24日】最近、中国の新疆ウイグル自治区情勢不安が再び人々の関心を引いている。オーストラリアの中国軍事専門家であるマーティン・アンドリュー氏はこのほど、新疆ウイグル自治区とチベット自治
2005/08/24

武装暴動防止に、中国副総理が新疆へ

 【大紀元日本8月7日】中央社の報道によると、新疆ウイグル自治区の建設兵団は近年武装暴動が多発する中、10月1日の自治区設立50周年を控え、その記念式典の安全を確保するために、黄菊中国国務院副総理が先
2005/08/07