大紀元時報
トップ 極左
極左
米ワシントンでデモ行進を行うアンティファ(Getty Images)
2019.11.06
極左団体「アンティファ」、カナダで保守派講演会を妨害 日本でも活動

極左暴力組織「アンティファ(Antifa)」のメンバーは、カナダのオンタリオ州にある大学で行われる保守派政治家による講演会を妨害するため、暴力的な反対運動を展開し...

2018年11月21日、米カリフォルニア州ロサンゼルスで開かれた政治集会ポリティコン(Politicon)に登壇した、作家で弁護士のベン・シャピーロ氏(MARK RALSTON/AFP/Getty Images)
2019.10.09
掛谷英紀コラム
左翼を論破する方法(前編)

日本の保守派には、頭の切れる論客らしい論客はあまりいない。しかし、英語圏には左翼を次々論破することで知られる論客が何人かいる。その代表格が、ジョーダン・ピーターソ...

左翼のプロパガンダ戦略とは?(写真・ぱくたそ)
2019.09.09
掛谷英紀コラム
左翼のプロパガンダ戦略とは?

良識的な一般人は、人が平気でウソをつけるとは想像しない。左翼中核層は一般人の想定外のことができるのを武器とする。

日本人が知らない北米左翼の恐ろしさ(Joe Hunt)
2019.08.26
掛谷英紀コラム
日本人が知らない北米左翼の恐ろしさ

ソ連などを例示して共産主義の間違いを指摘すると、未だ本当の共産主義は実現されていないと反論する人がいる。しかし、これまで共産主義を目指した国は数多くあり、その企て...

NTDTV
2019.03.04
【動画ニュース】ペンス副大統領 社会主義への警戒を呼びかける=米保守派最大政治イベントCPAC

米保守派の最大政治イベント、保守政治行動会議CPAC(シーパックConservative Political Action Conference)が、2月27日か...

パリの凱旋門に集まるデモ隊(Photo by Veronique de Viguerie/Getty Images)
2018.12.04
仏で大混乱巻き起こした「黄色いベスト」運動 過激派集団も加担

フランスの「黄色いベスト」デモはすでに3週間続き、収束のめどはいまだたっていない。逮捕者と負傷者はともに数百人に上り、第五共和制誕生以来最大規模の動乱であると評さ...

2大使館の小包爆破について、ローマ警察は連続テロの疑いがあるとして捜査を開始した。写真は在ローマ・スイス大使館前(FILIPPO MONTEFORTE/AFP/Getty Images)
2010.12.24
【フォトニュース】伊ローマ2大使館で小包爆破 連続テロの疑い

 【大紀元日本12月24日】イタリア警察によると23日、同国ローマにあるスイス、チリ大使館で届いた小包が爆発し、計2人が負傷した。これを受けて警察は駐留全大使館に...

^