総領事館に逃亡した中国軍女性将校、初出廷で保釈認められず

2020年07月28日 23時35分

米カリフォルニア州東部地区連邦地方裁判所で現地時間27日午後2時、在サンフランシスコ中国総領事館に逃げ込んだ中国軍の女性将校、ジュアン・タン(漢字表記は唐娟、37)容疑者が逮捕後、初めて出廷した。

米メディア「Axios」は22日、タンは連邦捜査局(FBI)がビザ不正取得の容疑で事情聴取を受けた後、在サンフランシスコ中国総領事館に逃げ込んだと報道した。7月23日、FBIは同中国総領事館から出たタンを逮捕し、カリフォルニア州北部サクラメント郡の留置場に収監したと発表した。

法廷文書によると、FBIは今年6月20日、ビザ不正取得の容疑でタンに聴取を行った。タンは中国軍の軍人ではないと主張した。しかし、FBIは捜査の中で、SNS上に投稿されたタンが中国軍の制服を着た写真を見つけ、中国人民解放軍空軍第4軍医大学で勤務していたことを掴んだ。6月26日、FBIが逮捕令と起訴状を持ち、タンを拘束しようとした際、タンはすでに在サンフランシスコ中国総領事館内に逃亡した。その後、FBIは同総領事館を監視し続けた。

米政府が7月21日、スパイ活動に関わっているなどとして、在ヒューストン中国総領事館に閉鎖を命じたことで、米社会はこのほど、中国総領事館に厳しい目を向けた。このため、タンが在サンフランシスコ中国総領事館から退去したとみられる。

カリフォルニア州での中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染拡大を受けて、7月27日の法廷審理はメディアに公開しなかった。同地裁の担当者によると、デボラ・バーンズ(Deborah Barnes)裁判官はタンに対して、保釈を認めなかったうえ、再び逃亡の恐れがあるとして、タンを留置場で引き続き収監するようと命じた。次回の審理は8月10日午後2時。また、担当者によれば、FBIは、タンの軍服姿の写真を法廷に提出した。

タンは、中国軍の士官であることを隠し、2019年11月J-1(交流訪問者)ビザを申請した後、同年12月27日からカリフォルニア大学デービス校で生物学の研究を行っていた。ビザの不正取得の容疑で有罪と認められれば、最高10年の有期懲役刑、または25万ドル(約2634万円)の罰金を科されることになる。

(記者・林驍然、翻訳編集・張哲)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^