大紀元時報
トップ ライフ・ストーリー
ライフ・ストーリー
(Davedehetre/Creative Commons)
2021.05.10
≪医山夜話≫ (5) 
不思議な縁

私の診療所に通っている患者のジェンさんはある日、「持っているピアノを売りたいので、買ってもらえませんか。あなたがこのピアノを見る前に、決して売りはしません」と私に...

(Pixabay)
2021.05.09
≪医山夜話≫ (23)
信頼

ジャックは弁護士です。初めて私の診療所に来た時、彼の表情は患者というよりも、むしろ裁判官といったほうが適切でした。

(ceeshek / Creative Commons)
2021.05.08
≪医山夜話≫(37)
向こう側の生命

マルクは私の良い友達です。私が困難に遭った時、彼はよく助けの手を差し伸べてくれました。 ある日、彼の余命が短いということを知らされました。彼は脳の末期ガンで、命...

(lonesome:cycler/Creative Commons)
2021.05.07
≪医山夜話≫ (47)
生命

彼はすでにこの世を去りましたが、彼の顔、声、彼と交わした会話は、よく私の記憶の中に蘇ります。

(thisisbossi/ Creative Commons)
2021.04.06
生命にとって一番重要なのは?

にぎやかな町を歩いている時、ふと寂しさを感じたことがありますか? 家族と遠く離れ、友人もいない日々に、孤独や無力感を味わったことがありますか?生命にとって何が大切...

sandra Simon/pixabay
2021.04.05
人間と犬の不思議な縁

佛教では世の中の人と人のつながりは、すべて縁によるものだと説かれます。遠くにいても縁がある人なら出会えますが、縁が無い人とはいくら近くにいても触れ合うチャンスすら...

互いに支え合い助け合おう(DON EMMERT/AFP/Getty Images)
2021.04.04
橋での出会い 悲しみの後に来たものは

アンドリュー・イワノフさん(26歳)はロシア中部ウファにある、ベラヤ川にかかる橋にやってきた。飛び降りて死のうと思ったのだ。最愛の婚約者が、決まっていた結婚式の前...

(creative common/vvonstruen)
2021.04.03
<心の琴線> 善の念

ある日、白血病を患う囚人が病院に運ばれてきた。彼は骨髄移植が必要であると診断された。彼は性格的に大きな問題を抱えており、経済的にも貧しかったが、病院側は人道的な立...

中国の、あるひとり親家庭の父子の話(Samuel C)
2021.04.02
エッセー
<心の琴線>妻を亡くして6歳の息子を叩く私

大人から見れば、子供の言動が不可解に思えることは、よくあることです。 仕事の忙しい父親と、不慮の事故で妻を亡くし6歳の子供を育てる、中国のあるひとり親家庭のお話し...

Matthias Ripp/Flickr
2021.04.01
心の琴線
「あなたが私に教えてくれた」ある教師と生徒の絆

9月の新学期が始まった最初の日、5年生に進級した子どもたちに向かってトンプソン先生が語りかけた。「私にとって、あなたたち全員がかけがえのない存在です」。だがそれは...

森の中の男の子(Philippe Put/Flickr)
2021.03.31
【心の琴線】思春期に出会った本

寒の入り前。暖かな陽の差す午後、近所の図書館へ出かけました。もう一度読みたい絵本があったのです。大きな樹が幼い男の子を老いていくまで見守る話。涙で文字が読めなくな...

Julio Gago/Flickr
2021.03.30
かけがいのないものとは
砂漠を越えた時

遠く離れた土地で長年商売をしていた人がいた。多く稼いだ彼は、そろそろ故郷に帰ろうと考えた。

John Anes/Flickr
2021.03.29
深夜に町中を騒がせて命を救った人

本当に何かをしたい人は、必ず方法を探し出します。特に、心から人を助けたいと思うとき、不思議と智慧が湧いてくることがあります。何かをしたくてもできない時、言い訳ばか...

maf04/Flickr
2021.03.28
身近な幸せを再発見

友人達と雑談をしていた時、簡単なゲームをしました。

(creative common/vvonstruen)
2021.03.27
<心の琴線> 善の念

ある日、白血病を患う囚人が病院に運ばれてきた。彼は骨髄移植が必要であると診断された。彼は性格的に大きな問題を抱えており、経済的にも貧しかったが、病院側は人道的な立...

(parthisix/Creative Commons)
2021.03.26
幸せな生活が遠いと感じていますか?

人生はいつも順風満帆にいくとは限らず、様々な失敗に直面することがあります。挫折した時、ひたすら愚痴をこぼして意気消沈するのか、それとも日常のささいな事に感謝し、転...

(dokubu/Creative Commons)
2021.03.26
≪医山夜話≫ (33)
口を修め、他人を思いやる

何気なく口にした一言が時には、他人の心を深く傷つけてしまう事があります。

(ensign_beedrill/Creative Commons)
2021.03.25
<心の琴線> 天国に行くには何日かかりますか?

ある寒い日の朝、私は焼き餃子で有名な店を訪ね、餃子5個と酸辣スープを注文した。 この時間になると大勢の客はすでに帰り、店内は私一人だけが残っていた。やっと暇になっ...

B@ni /Flickr
2021.03.24
最良の選択

南アフリカのある辺鄙な町に、夫婦がいました。夫の名前はジョージ、妻の名前はヘレン。ジョージは町の北の方にある農場で働いていました。毎日朝早く出勤し、帰りは夜遅くな...

(micheal pollak/Creative Commons)
2021.03.23
認めて欲しい心

友人にメールを出したら返事を待ち続け、 仕事がうまくいけば上司から評価されたい。 手間ひまかけた料理は家族から褒められたいし、、、

(Hamed Saber/Creative Commons)
2021.03.22
氷のような冷たい心の批評家ですか?

結婚して3年が過ぎ、彼女は自分の判断力を疑い始めた。優秀な男性がたくさんいたのに、どうして欠点だらけの彼を選んだのか? 記憶力が悪く、頼まれたことをいつも忘れてし...

(Ian Gavan/Getty Images)
2021.03.14
≪医山夜話≫ (19)
ダニーのカルテ

ダニーの格好は、とても人目を引きます。黒づくめの服に自転車のチェーンで作ったベルトを締め、穴だらけのブーツを履いています。

Paul Arps/Flickr
2021.03.14
過去世で殺人を犯した男の子

世界には、自分が生まれてくる前の人生について語る子供たちがいます。今の人生は、過去とどのような繋がりがあるのでしょうか。これは、あるスリランカ人の男の子の話です。...

Blue Sky (Kanko/Creative Commons)
2021.03.14
<心の琴線> 異国で出会った日本の歌

ふと立ち寄ったコーヒーショップや食事をしていたレストランなどで、思いがけず日本の曲や歌が聞こえてくる時がある。

孫文蓮
2021.03.14
<心の琴線> おじいちゃんと孫文、私を結ぶ縁

祖父が亡くなってしばらくしてから、母が「大事なものが出てきたわ」と言って箱を取り出してきた。中身は、私あての手紙。

2021.03.13
<心の琴線> 妻が亡くなった後 6歳の息子を叩いた私

妻が4年前に事故による不慮の死を遂げ、私と息子の二人だけの生活になった。息子の世話や毎日の食事の支度に疲れ果て、仕事もうまくいかないことがよくあった。

IQRemix/Flickr
2021.03.12
古代中国の物語
借りは必ず清算される

昔、北京から数キロ離れたワージャーダンという村に、チェンという裕福な地主がいた。 チェンのすぐ近くには、リーという農民が住んでいた。リーは、石やレンガの家造りに...

(Pixabay)
2021.03.07
≪医山夜話≫ (15)
財産

財産は使うために存在するものです。お金がないと生活ができませんが、お金ばかりに目が眩んでもいけません。ひたすら節約して一文も使わないのなら、山積みの財産を持ってい...

Getty Images
2021.03.07
<心の琴線>角度を変えれば、世界が広がる

ある日の午後の出来事だった。牧師は、翌日のミサのために必要なスピーチの原稿を書いていたが、傍らで末っ子の息子が騒いでいたため、全く集中することができなかった。

(Uriel Sinai/Getty Images)
2021.03.06
≪医山夜話≫(14)
修煉を始め、タバコをやめたカジノのディーラー

ある冬の日の明け方、まだ空が真っ暗な中で、冷たい風に吹かれながら、一人の男性が右手にテープ・レコーダーと座禅用の座布団、左手に法輪功の資料を持って煉功する場所に向...

^