THE EPOCH TIMES
社説

妨害する人へ「中国大使館が後ろ盾なら何も怖くない」は間違い

2017年05月08日 13時14分

当記事は

(1)海外で中国共産党に従い悪事を働く者 捜査からは逃れられない
(2)捜査からは逃れられない 中国共産党の組織的な犯行
(3)海外の街頭で妨害活動する中国人は、すでにマークされている
以上3つの記事の続きです

この社説のあらすじ

 中国共産党は対外統一戦線を浸透させるため、海外で、党が好まない団体や組織に対して、現地の法規を無視した誹謗中傷や暴力行為などで妨害活動を展開しています。これらの人々は、国際的機関および各国行政がすでに捜査対象としており、犯罪的な行為を行っていることを自認しなければなりません。


三、民主社会は共産党を毒蛇猛獣と見なす


 

 中国共産党に追随して、中国領事館を後ろ盾にすれば、何の恐れもないと思う人がいるかもしれませんが、それは間違っています。海外に身を置いて、所在の国の法律に従わなければなりません。

 人類の歴史はすでに中国共産党の悪性をよく見てきました。功労者を見捨てて、恩を忘れて、他人の利益を全く考慮しません。その上、共産党は民主社会ではずっと毒蛇や猛獣のように見なされています。

 2009年9月13日、法輪功学習者は韓国安山市で「中国共産党脱退を応援する」パレードを行いました。数名の暴徒がパレードの参加者を殴って、「男女を問わず、法輪功であれば殴ってやる」、「中国大使館の支持があるので、私たちに恐れるものはない。韓国の警察も我々をどうしようもないぞ」と叫びました。韓国警察は数名の暴徒を逮捕して、中に中国籍の崔万吉被告と韓国に移住した崔春植被告は2010年に5月18日にそれぞれ8カ月と4カ月の懲役、2年執行猶予と判決されました。韓国法務部の関係者によると、彼らは中国に送還されるそうです。

2014年7月、習近平・国家主席のアルゼンチン来訪で、
法輪功学習者に対する威力行為で警察に連行される
在留中国人(明慧ネット)

 

 2016年1月21日、米国イノリイ州ネイパービル市在住の中国系男性・Lu Lin氏は、アメリカ国籍を申請時に共産党員の身分、および中共情報部門との関係を隠したため、米国連邦政府に「違法的手段で公民の身分を取得した」罪名で起訴されました。

関連特集

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^