THE EPOCH TIMES
真実と伝統

中国、一帯一路を朝鮮半島まで伸ばす計画か 

2018年09月19日 19時18分

中国には、東北部に位置する遼寧省の丹東市、北朝鮮の平壌、韓国ソウルと釜山を、鉄道と通信網で結ぶ計画がある。最近、遼寧省政府が発表した。事実上、巨大経済構想「一帯一路」が朝鮮半島に延伸することになる。

遼寧省政府は9月10日、官製メディア・遼寧日報を通じて、「遼寧『一帯一路』総合区建設計画」を報道した。2030年を完成目標と定めている。この計画にソウルと釜山など韓国の都市名はあるが、主に北朝鮮との協力関係が強調されている。

韓国の保守系メディア・東亜日報によると、この計画は3度目の中朝首脳会談で協議されたという。この報道によると、北朝鮮情勢を把握しやすい中朝国境に位置する遼寧省は、中国と北朝鮮による合意計画を実施し、さらに韓国を含む合同計画を検討している。

9月12日、ロシアのウラジオストクで開催された東方経済フォーラムでは、習近平主席が演説で、極東地域の発展の加速と、北東アジアでの一帯一路プロジェクトの実現化を促した。また、朝鮮半島の一帯一路は将来的に、3国に加えて日本、ロシア、モンゴルの経済共同計画である「北東アジア経済回廊」を促進させたいと述べた。

ロシアはすでに北朝鮮との国境を結ぶ高速道路の初期開発に着手している。ほかにも、2017年の東方経済フォーラムでは、ロシア、北朝鮮、韓国による経済計画「ロシア朝鮮輸送回廊」を発表しており、ここにはガスパイプライン建設など大型インフラが含まれている。

韓国政府の南北経済協力計画もまた、ソウル、平壌、新義州、丹東を結ぶ3国接続高速鉄道計画案があり、朝鮮半島の一帯一路と重なる。

アジア圏情報を伝えるシルクロード・ブリーフィングによると、中国やロシアは北朝鮮で大型インフラを建設し、その次に半島にある豊富な金や希少土などの資源を採掘すると分析している。

資源関連ニュースを伝えるオイルプライスは在米ロシア人分析者の報告から、北朝鮮には200種以上の豊富な鉱物があり、市場価値は10兆米ドルと試算している。

2017年の国連制裁決議により北朝鮮は石炭や鉱物の輸出入は禁止されている。米国務省は同年8月、中国とロシアは制裁を無視して、北朝鮮の体制を維持しようとしていると批判した。

(翻訳編集・佐渡道世)

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^