THE EPOCH TIMES
真実と伝統

ノーベル物理学賞、レーザー研究の米仏加3氏に 55年ぶり女性受賞

2018年10月03日 11時16分

[ストックホルム/ロンドン 2日 ロイター] - スウェーデンの王立科学アカデミーは2日、2018年のノーベル物理学賞を米国とフランス、カナダの3人の科学者に授与すると発表した。視力回復手術やマイクロマシニングなどに利用できる精密工具となるレーザー技術を開発した。

3人のうち、ウォータールー大学のカナダ人女性、ドナ・ストリックランド氏は女性物理学者として3人目、55年ぶりにノーベル賞を受賞した。1903年にはマリー・キュリー氏、1963年にはマリア・ゲッパート=メイヤー氏が受賞している。

米ベル研究所のアーサー・アシュキン氏が同賞の2分の1を受賞。レーザーの光で「光ピンセット」を発明した。残りの2分の1は、米国籍を持つフランス人男性のジェラール・ムル氏と、ストリックランド氏が共同で受賞した。両氏は高強度レーザーを発明した。

ストリックランド氏は電話記者会見で「女性の物理学者を称賛すべきだ。いずれ、より速いペースで(女性物理学者が)前進する日が来ることを望む」とした。

ノーベル賞受賞者は長らく男性の科学者に偏っており、物理学賞では特にその傾向が強かった。

96歳のアシュキン氏はノーベル賞受賞者で史上最年長。ロイターとの電話インタビューで「今は太陽光エネルギーの論文で忙しい」と述べ、現在も新たな研究に取り組んでいることを明らかにした。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^